ドコモ広告に「SBお父さん犬」 どういう事?会社に聞くと...

印刷

   えっ!?、NTTドコモの広告にソフトバンク(SB)の「お父さん犬」が――。JR新宿駅構内のポスター広告などで、携帯電話会社の「ライバル」が共演している。

   これはiPhoneなどで電子マネーを使える「Apple Pay(アップルペイ)」の広告。ドコモの提供する電子決済サービス「iD(アイディー)」で、SB系列の「ソフトバンクカード」が利用できるために実現したものだ。

  • ポスター広告の拡大(2017年3月16日撮影)
    ポスター広告の拡大(2017年3月16日撮影)
  • ポスターの全景、右上には「docomo」の文字
    ポスターの全景、右上には「docomo」の文字
  • 向かいには「dカード」の広告が
    向かいには「dカード」の広告が

Apple Payでの「iD」加盟各社を紹介

   J-CASTニュース記者は2017年3月16日、新宿駅の中央通路で、このポスターを目撃した。Apple PayでiD決済できるクレジットカードを紹介するもので、「Apple Payなら、iDで。」をキャッチフレーズに、ドコモの「dカード」をはじめ、三井住友カード、イオンカードなどのカード券面を映し出したiPhone画面を載せている。

   各社のポスターが並ぶ中に、今回のソフトバンクカードがある。財布から「お父さん犬」こと、「白戸次郎」がチョコンと顔を出す券面だ。このカードは、ソフトバンク・ペイメント・サービスなどが発行するもので、残高を事前にチャージするプリペイド方式。SBケータイの利用者(12歳以上)しか申し込めない。ちなみに新宿駅の「お父さんポスター」の真正面には、その2倍以上の横幅がある「dカード」のポスターが貼られていた。

   「ソフトバンクカード」が、iPhone上で「iD」として使えることから実現した、この広告。しかし、ソフトバンクカードには「お父さん犬」以外にも、黒とグレーのシンプルなデザインもある。なぜこちらの券面を使ったか疑問に思ったJ-CASTニュース記者は16日、ドコモに取材した。

   広報担当者によると、基本的にはiDが使えるクレジットカード全社分の広告をだしていて、券面については各カード会社が決めているとのこと。記者が目撃したのは新宿駅だったが、「Apple Payなら、iDで。」のキャンペーンは、電車の中づり広告などでも行われている。

   新宿駅中央通路での掲示は、3月13日から19日まで。その後も、池袋駅や大阪、名古屋での広告出稿を予定しているそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中