昭恵氏が籠池夫人に「祈ります」 「メル友」いまだに継続

印刷

   森友学園の籠池泰典理事長が安倍晋三首相から100万円の寄付を受けていたと主張している問題で、籠池氏は100万円のうち10万円を返金したと主張し、昭恵氏が籠池氏側に送ったメールに10万円について触れたものもあったという指摘が表面化した。

   昭恵氏は、2017年3月16日に籠池氏が野党議員からヒヤリングを受けていた最中にも、妻の諄子氏に対して「祈ります」とメールを送っていたことも明らかになった。(訂正・追記あり)

  • 衆院外務委員会で答弁する安倍晋三首相(写真は衆議院インターネット中継から)
    衆院外務委員会で答弁する安倍晋三首相(写真は衆議院インターネット中継から)
  • 菅義偉官房長官は10万円のやり取りについても「あり得ない」と述べた(2017年3月17日撮影)
    菅義偉官房長官は10万円のやり取りについても「あり得ない」と述べた(2017年3月17日撮影)

100万円のうち10万円を昭恵氏に返金?

   昭恵氏と籠池氏側との金銭のやり取りを示すとされるメールの存在を最初に報じたのは日本テレビだ。3月17日午前のニュースで、野党議員が3月16日に籠池氏に対して行ったヒヤリングの場で、籠池氏は昭恵氏から「安倍晋三からです」として100万円を渡されたと主張し、その上で

「昭恵夫人に『感謝』という名目で10万円を返金したと話した」

と報じた。一連の問題発覚後の2月28日と3月8日には、妻の籠池諄子氏が昭恵氏からメールを受け取り、そのうち1通には講演料に言及した内容も含まれていたと主張したという。

   菅官房長官は3月17日夕方の定例会見で、事実関係の確認を求める日本テレビ記者の質問に対して、

「私は正直なところ、どのような形で報道されたかは承知していないが、少なくとも、報道機関として、個人のメールについて報道するのであれば、メール全体のやり取りをきちんと確認した上で報道すべきである、このことは、はっきりと申し上げたい」

などとけん制。昭恵氏による寄付については

「安倍事務所を通じて昭恵夫人にも確認を取ってもらったところ、領収書等の記録もなく、昭恵夫人個人としても寄付は行っていないということだと承知している、それに尽きる」

と改めて否定し、10万円を受け取っていたという指摘にも

「あり得ないこと」

と答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中