2018年 10月 15日 (月)

シュークリームも飲む時代へ 永谷園「エキナカ」自販機で販売

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   永谷園(東京都港区)は2017年3月14日、同社初となる缶タイプのコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」を3月21日よりJR東日本の駅構内を中心に設置している自動販売機「acure(アキュア)」の一部で先行発売すると発表した。4月24日からは、全国でも発売する予定。

   「ビアードパパの作りたて工房」は、店舗での手作りを特徴とするシュークリーム専門店だが、永谷園グループの「麦の穂」(大阪府大阪市)が運営している。

   永谷園の報道発表によると、同社はこれまでに秋冬限定のホット缶飲料を販売したことはあるが、コールド缶飲料およびビアードパパブランドの商品の発売は初めてとなる。

   味はビアードパパのシュークリームに使われているクリームをイメージしており、サラリとしていながらシュークリームのコクと甘さが楽しめる味わいだという。

   同社によると、缶飲料のスイーツ系ラインアップは男性の支持が高いというデータがあり、今回は男性をターゲットとし、小腹がすいたり甘いもので一息つきたい時の1本として販売していくという。価格は190グラム入りで130円(税抜)。

  • スイーツ好きの感想が待たれる
    スイーツ好きの感想が待たれる
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...