線路立ち入りの松本伊代さん、早見優さん起訴猶予 京都地検

印刷

   京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたタレントの松本伊代さん(51)と早見優さん(50)について、京都地検は2017年3月21日、不起訴処分(起訴猶予)とした。

   複数の報道によると、地検は「踏切内通路からすぐ脇に立ち入ったにとどまり、電車往来への支障も生じていないこと」「反省していること」などを考慮したとしている。

   松本さんと早見さんは1月13日、京都市右京区のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、2月10日に京都府警に書類送検されていた。

   松本さんは1月14日、早見さんと線路の上を歩いている写真をブログに掲載し、「その瞬間踏切が鳴り、慌てて逃げる2人」などと説明。批判が相次ぐと、翌15日に「お騒がせをいたしまして大変申し訳ございませんでした」と謝罪し、ブログ記事を削除した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中