2018年 11月 16日 (金)

商業地の上昇率、大阪市が上位5つ独占 全国公示地価

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国土交通省は2017年3月21日、2017年1月1日時点の公示地価を発表した。住宅地の全国平均が前年比0.022%上昇とプラスに転じ、2008年以来、9年ぶりに下げ止まった。

   商業地の地価上昇率は1.4%で2年連続の上昇。ランキングでは、大阪市の中心部が上位5つを独占した。1位は、道頓堀1丁目(中央区)のふぐ料理店「づぼらや」。地価は400万円(1平方メートルあたり)で、前年度の283万円に比べ、41.3%増となった。

   大阪の道頓堀付近では、訪日外国人の観光需要を当て込んだホテル開発が相次いでいた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中