2021年 6月 15日 (火)

男性オタクが激怒する「バブみ」誤用問題 腐女子が使ってはダメなのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「意味が違う!」「オタクの言葉を、腐女子に奪われた!」、そんな悲鳴がネット上に響いた。「バブみ」というオタク用語を指している。

   本来は男性オタクが年下の美少女キャラに「母性」を感じる時に用いられてきた。ところがあるテレビ番組で、ボーイズラブ好きの「腐女子」と思われる女性が多数登場し、デフォルメされて可愛く作られた男性キャラを見ると、「自分の母性」がくすぐられる、とし、それが「バブみ」だと証言したからだ。

  • 「バブみ」とは(写真はピクシブ百科事典)
    「バブみ」とは(写真はピクシブ百科事典)
  • 「バブみ」とは(写真はピクシブ百科事典)

男性キャラか、女性キャラか

   「バブみ」を取り上げたのは2017年3月20日放送のフジテレビ系「創刊!流行語大賞」。この番組はあらゆる世界・業界で誕生している流行語をピックアップし、知られざる世界を垣間見ようというもので、今回は東京・池袋に集う「アニメ女子の流行語」が紹介された際に「バブみ」が出てきた。

   登場した女性は口々に、もともとイケメンの男性キャラが可愛くデフォルメされているものに「萌える」とし、ある女性は、ある男性キャラのデフォルメされたマスコットを撫でまわしながら、

「カワイイね、よしよしカワイイね、バブちゃんよしよし、バブみある。(キャラの)親的な感じで思っている」

などと語った。番組では「バブみ」について、

「イケメンのキャラがあまりにもカワイくて、デフォルメされた時などに、強い母性を感じる事」

と解説した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中