2021年 9月 26日 (日)

板東英二、新幹線で泣く子の親に 「デッキくらい行ったら」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「なんとかって言われてもなぁ」「快くは思ってないのも事実」

   坂東さんの発言に対しては、インターネット上にさまざまな意見が寄せられている。

「なんとかって言われてもなぁ」
    「子供が育てにくい国、ニッポン」
    「新幹線の走っている音に赤ちゃんは怖がっているんじゃないかな。デッキにいったらもっとゴーってしていて、怖がる」

といった反論が出る一方、

「泣いてるのにスルーしてる親は腹立つ」
    「言い方はあれだけど、場所替えは有効だよね」
    「子供が泣くのは仕方ない、は事実だけど、内心快くは思ってないのも事実ではある」

と、板東さんの意見に理解を示す声も上がっている。

   新幹線に限らず、公共の場における子どもの泣き声問題はインターネット上でも度々話題にのぼる。2015年にはダウンタウンの松本人志さん(53)がツイッターで「新幹線で子供がうるさい。。。子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり。。。」(2月23日)と投稿し、注目を集めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中