社長ツイッター読んでないと「不採用」 これは常識?思い上がり?

印刷

   「自分のツイッターを読んでいない人は不採用だ」と、あるIT企業の社長がつぶやいたことをきっかけに、ネット上で論議が巻き起こっている。

   つぶやいたのは、ソフトウェア開発などを手がけているウェッブアイの森川勇治社長だ。

  • 「読むかは自由」と岩下食品社長がツイート
    「読むかは自由」と岩下食品社長がツイート

IT企業社長は「読まない人は不採用」

   「私のツイッターを読んでいますか?」。森川社長は、2017年3月17日のツイートで、会社の採用面接ではこんな質問をするようにしていると告白した。そして、次のようなことを明かした。

「読んでいない人材は、不採用。面接に来る以上、社長のツイッターを確認するのは、一般常識でしょ。非常識な人材は仕事もできません」

   森川社長は、仕事には厳しいらしく、17年に入ってからのツイートでは、「顧客に対しては、常時完璧でいなければならない」「所属する組織から要求されることに対応できない人間には生きる価値がない」などと書き込んでいた。自らにも厳しくしているといい、毎日の睡眠時間が2時間強になり、過激な仕事で体重が2か月余で8キロも落ちたとしていた。

   前出のつぶやきは、2万件ほどもリツイートされる反響を呼び、ネット上で論議になっている。

   好意的な意見としては、「面接行くならその程度は調べるでしょ普通」「経営者の考え方、発言を知るのも企業研究のひとつじゃない?」といった書き込みがあった。しかし、批判の方が多く、「思いあがりもはなはだしい」「あなたの方が非常識ですよ」「ここで働くの辛そう」などの声が次々に寄せられ、炎上状態になっている。

   その後、岩下の新生姜で知られる岩下食品の岩下和了社長が、森川社長のツイートに反応して、21日にこうつぶやいた。

「社員のアカウントからフォロー来てもフォロバしないし、原則、見ない。私のは読まれてもいいけど、積極的に読んでほしいとは思わない」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中