「本田圭佑、マジでいらないな」ネットで酷評 W杯予選UAEに勝利も「時代の終わり」

印刷

   「本田、マジでいらないな」「世代交代確実」。MF本田圭佑(30)にインターネット上で厳しい言葉が飛び交った。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアウェーUAE戦が2017年3月24日未明(日本時間)に行われ、本田は後半途中から投入されたが、そのプレーには散漫さが目立っていた。

  • 本田圭佑に対して厳しい言葉がかけられた
    本田圭佑に対して厳しい言葉がかけられた

2点リードしての後半アディショナルタイムのFKで...

   UAEは、今予選唯一の敗戦を喫した難敵。が、この重要な一戦の先発メンバーに本田の名前はなかった。2戦連続のスタメン落ちとなり、定位置だった右ウイングにはベルギーリーグのヘントで絶好調のFW久保裕也(23)が入った。

   試合は前半14分にその久保がDF酒井宏樹(26)のスルーパスから代表初ゴール。後半6分には、FW大迫勇也(26)が空中で競り勝ったボールにまたも久保が反応し、クロスボールを入れるとMF今野泰幸(34)がゴールを決めた。

   1G1Aの久保に代わって後半33分に本田が投入された。直後に大迫が負傷し、FW岡崎慎司(30)も交代で入った。

   だが後半43分、本田や岡崎の散漫なプレーが目立った。本田は数的不利の状況で単独ドリブル突破を試みたが、あえなくカットされた。こぼれ球をFW原口元気(25)が拾うと、相手を引き付けてフリーの岡崎へパスを送るが、岡崎は枠外へシュートを外した。原口はゴール前へ走り込んでいたが、頭を抱えて苦渋の表情を見せていた。

   さらにアディショナルタイムの後半48分、40メートルほどの距離でFKを獲得。2点のリードがあるため、パスをつないで試合終了に持ち込むのがセオリーであろうこの状況で、本田はすかさず直接ゴールを狙うシュートを選択し、簡単に跳ね返された。

「ひとつの時代が終わるんだな そんな試合だったわ」

   日本代表を長く牽引してきた本田だが、こうしたプレーにインターネット掲示板では酷評が並んだ。

「本田より走れる、速い、上手いのが久保 さよなら本田さん あなたのポジションはもうありません」
    「最後のあのFKなんだよ 時間使えよ ベテランとは思えんプレーだった」
    「あのFKはないわ 壁どんしてカウンターになるだろうに 本田は本当にチームのことを考えてないんだなと思ったわ」
    「本田がゴミすぎて勝ったのに怒りが収まらない」
    「本田、マジでいらないな」

   左サイドバックで先発フル出場のDF長友佑都(30)も、持ち味だった豊富な運動量は鳴りを潜め、「長友いたの?全然わからんかった」「長友が全然走らなくなったのが地味に衝撃だった」といったネガティブな反応が多く出た。右サイドでは酒井と久保が連動しながら切り込むシーンが何度か見られ、先制点にまでつながったのと比較すると、左サイドの長友と原口の絡みは少なかった。また、インサイドハーフで先発したMF香川真司(28)も球離れが悪く、ボールロストする場面が複数回見られた。

   さらには久保、大迫、原口ら若い攻撃陣の連携がフィットし始めたことから、

「これでアタッカー陣は世代交代確実、ということで喜ばしいですね。本田は生き残れないかもしれませんね」
    「本田、香川、長友、岡崎 ひとつの時代が終わるんだな そんな試合だったわ」

と「世代交代」がよぎったユーザーも多かったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中