「てるみくらぶ」破産手続き 「旅行の期待も何もかもパー」

印刷

   旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)は2017年3月27日、東京地裁に破産を申請し、同地裁から手続き開始の決定を受けたと発表した。

   山田千賀子社長らは同日朝、国土交通省で記者会見を開き、「多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません」などと謝罪した。

  • てるみくらぶの公式サイト(現在は閲覧できなくなっている)
    てるみくらぶの公式サイト(現在は閲覧できなくなっている)

社長「ご出発をお控えいただいて...」

   山田社長は会見で、「破産を決めたのは、きょうの朝です。お客様にはご説明が足りなかったと思っております」と説明し、「お客様へのお願い」と前置きして

「有効な航空券をお持ちでも、ご出発をお控えいただいて、皆様の安全につながりますように、何卒お願い申し上げます」

と涙ながらに話した。

   同社は3月24日、一部の利用客に航空券を発券できない旨などを知らせるメールを送信し、観光庁に問い合わせが相次いでいた。

   民間調査会社の東京商工リサーチによると、同社は1998年設立で、資本金は6000万円。ハワイやグアム、アジア方面を中心とした格安の海外旅行で業績を伸ばしたが、格安旅行会社の過当競争などで収益を落としたという。負債総額は約151億円で、約3万6000人が影響を受けそうだとしている。

   同社が破産手続き開始決定を発表した後、ツイッターには

「てるみくらぶ破産か。新婚旅行で成田まで行って航空券発券されないとか悲惨過ぎる」
「安過ぎるツアーも考えものだなぁ。お金の問題もだけど、せっかくの旅行の思い出も楽しみも期待も何もかもパーになるもんね」
「てるみくらぶひどいな返金はされるの?ってか安いだけじゃダメだなー」

などの声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中