カブス、川崎宗則を解雇 6年目シーズン前に

印刷

   米大リーグのカブスは2017年3月28日(日本時間29日)、マイナー契約でメジャーキャンプに参加していた川崎宗則内野手(35)を解雇したと発表した。

   川崎は昨季まで5年連続、マイナー契約からメジャーへ昇格している。今キャンプのオープン戦では、17試合に出場。成績は打率・282、出塁率・378、7打点だった。

   CSNシカゴ(電子版)によると、マドン監督は取材に「ぜひとも戻ってきてもらいたい。また戻ってくることを願っている」と話したという。

  • 写真は2017年1月8日撮影
    写真は2017年1月8日撮影
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中