雪崩事故で大田原高を家宅捜索 業務上過失致死の疑い

印刷

   登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故で、栃木県警は2017年3月31日、講習会の責任者の教諭が勤務する県立大田原高校を業務上過失致死の疑いで家宅捜索に入った。各メディアが報じた。危険性の予測が出来たか、当時の安全管理の状況などを調べていく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中