「3000円もらいました」 シャープの公式ツイッターが哀れを誘うと話題に

印刷

   「3000円もらいました」。シャープの公式ツイッターにとても悲しげに感じられる一文が綴られた。

   フォロワーから「3000円で買えるSHARP製品って何かありますか?」と聞かれると、「電卓ですかね」と答えた。

  • なぜか悲しげ (写真はシャープ公式ツイッターのスクリーンショット)
    なぜか悲しげ (写真はシャープ公式ツイッターのスクリーンショット)

シャープ製品では「電卓」が買える

   シャープは2016年、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収され、構造改革を進めている。戴正呉社長は「感謝のしるし」と書かれた封筒を国内の全社員約2万人に配るというメッセージを2017年3月31日に出した。封筒には一律3000円が入っている。これは国内の構造改革にメドがついたことによるねぎらいだ。経営危機によって忘年会のようなものが開けなかったため、「同僚との親睦」「家族へのねぎらい」などに使ってもらいたいとしている。総額は6000万円程度になる。

   シャープの公式ツイッターは3月31日、

「3000円もらいました」

とツイートした。何か悲しげに、寂しげに見える一文だったため、

「3000円で買えるSHARP製品って何かありますか?」

という質問があり、

「電卓ですかね」

と答えた。

「そういえば『信賞必罰』まだ分かんないんですね」

との質問には、

「あれはまだです」

と返した。元気付けようとしたのかフォロワーは、

「おめでとうございます」
「東芝の社員に自慢しようぜ!」

などと思い思いのリプライをしている。

構造改革が進んでいる印だと喜ぶ声も

   ネット上の掲示板には、ケタが一つ違うのではないか、といった哀れみの書き込みで溢れている。

「今時、3000円じゃ小学生でも喜ばんで」
「逆に心配の種になるような金額だな」
「3000円とか逆にやる気無くすよな。擁護してる奴いるけどどんだけ社畜なんだよ」

   一方で、

「金額は関係ないよ、優しさがいいんだよね」
「赤字で首が回らなかった会社だったと思うと感慨深い。6,000万くらい屁でもないくらい黒字になったということだろ?」

などと実は明るい話題なのだとシャープを擁護する人もいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中