大統領代行、「外交慣例や国民情緒」理由に駐韓大使と「面会拒否」 聯合ニュース

印刷

   韓国に帰任した長嶺安政・駐韓大使が要請していた、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一省長官、韓民求(ハン・ミング)国防省長官との面会について、韓国政府は当面応じない方針だ。韓国の聯合ニュースが2017年4月5日、外交消息筋の話として報じた。「外交上の慣例や国民の情緒」を勘案したという。

   長嶺氏と森本康敬・釜山総領事は、釜山の日本総領事館前に、従軍慰安婦をモチーフにした少女像が設置された事への対抗措置として1月9日に一時帰国。4月4日には、「日韓合意」の履行を韓国政府に促すため帰任していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中