2018年 7月 22日 (日)

人口減緩和も2065年には8808万人に 厚労省推計

印刷

   厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2017年4月10日、15年の国勢調査の結果を元に、2065年までの将来人口推計を発表した。15年の日本の総人口は1億2709万人だったが、53年には1億人を割って9924万人、65年には8808万人になると推計した。

   1億人を下回る時期は前回推計よりも5年遅くなり、老年人口割合も40.4%から38.4%になるなど、人口減少と高齢化の進行度合いが緩和した。

   また、近年の30~40歳代の出生率上昇を受け、合計特殊出生率は前回の1.35から1.44に上昇した。

   政府が「ニッポン一億総活躍プラン」の一環として掲げる希望出生率1.8が達成された場合、65年時の人口は1億45万人と、人口1億人を維持できるとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中