2018年 11月 16日 (金)

西川、オスカルのPK2本も無失点! 川島から代表正GK奪取か

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   1試合で2本のPKを献上しながらも、浦和レッズの日本代表GK西川周作が無失点に抑える離れ業をやってのけた。

   代表での西川は、先日の2連戦でPKストップを含むビッグセーブを連発した川島永嗣に正GKの座を脅かされている。西川自身「PKに弱い」というイメージを持たれてきたが、この日は違った。

  • 試合翌日のブログでは「昨日の無失点は本当に気持ちよかった」とつづっている(画像は公式ブログから)
    試合翌日のブログでは「昨日の無失点は本当に気持ちよかった」とつづっている(画像は公式ブログから)

PKキッカーはいずれもブラジル代表オスカル

   AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループFの浦和は2017年4月11日、ホームで上海上港(中国)と対戦。上海は、欧州屈指の強豪チェルシー(イングランド)で5季プレーし、超高額の移籍金約81億円で加入したブラジル代表MFオスカルを擁する。前回3月15日のアウェー戦で浦和は2対3で敗れていたが、今回は1対0で接戦を制した。その最大の功労者は西川と言って間違いない。

   先制して迎えた後半20分、オスカルがペナルティエリアに侵入すると、MF柏木陽介のファールでPKを献上。オスカルのPKはゴール右上の厳しいコースに。しかし、西川が右手を思い切り伸ばして弾き、ボールはクロスバーを直撃して跳ね返った。渾身のPKストップに浦和の選手が3人4人と駆け寄って労った。

   後半30分には、DF槙野智章のハンドでまたもPKに。再びキッカーはオスカル。しかしボールは、大きく枠外へ外れた。気迫で圧倒した西川は咆哮した。

   11日付英紙「ザ・サン」では、2度PK失敗のオスカルについて「残念なことに、このリーグで最も高額な選手は、浦和のGK西川周作にシュートを阻まれた」と報じている。

   PK以外にも、後半24分にはルーのミドルシュートを横っ飛びでファインセーブするなど、シュート13本(浦和は7本)の猛攻を浴びながら、最後までゴールを割らせなかった。

「西川はPKに弱い」説

   西川はPKに苦い経験がある。16年5月のACL、FCソウルとの試合がPK戦までもつれ込んだ。6対7で敗戦したが、ソウルは1本が枠外に飛んだだけで、西川自身は8本中1本もセーブできなかった。しかも浦和が外した2本のうち、1本は西川がキッカーだった。

   日本代表でも、16年9月のW杯アジア最終予選のUAE戦、1対1で迎えた後半9分にUAEにPKが与えられた。西川はタイミングを外され、ゴール中央にシュートを決められた。これが決勝点となって大事な初戦を落とすこととなった。西川は最終予選の前半5試合に先発したが、5失点した。

   年明け17年3月の最終予選2連戦では、いずれも川島永嗣が先発に返り咲いた。前半5試合で唯一黒星を喫していたUAE相手に川島はビッグセーブを連発し、続くタイ戦でも後半41分に与えたPKを止めた。重要な最終予選の2試合を無失点で終え、正GKは川島に変わったという印象を多くの人が持った。

   それが今回のACL・上海戦の西川の躍動で分からなくなった。17年4月12日付「フットボールゾーン・ウェブ」によると、「西川はPKに弱い」という評価が西川自身の「耳に入ってきていました」という。それでも「そういう声に左右されずに自分のプレーを信じるしかない」と振り回されなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中