「アメリカと北でやっとけ」  海老蔵ブログがネットで波紋

印刷

「言葉が足らなかったカモ」

   北朝鮮による日本の拉致被害者を無視しているという声や、北朝鮮は日本の排他的経済水域にミサイルを撃ち込んでおり、日本は無関係ではないなどの指摘だ。

   また、「現実逃避だな 今そこにある危機だと言うのに」「芸人が有識者面でコメンテーターやってるの見てる気分」「時事ネタに触れなきゃいいのに」といった意見も書き込まれている。

   相次ぐ異論について、海老蔵さんは4月15日の夜になって、「朝のブログ話題になってますね笑」と改めて取り上げた。「意見は微妙な人多いなぁ」と感想を漏らした後、「安保とか拉致問題とかあるのは重々承知」と強調した。しかし、「今回は安保なのかね? アメリカの武力行使でしょ」と持論を述べ、「その挑発にのっているのは北朝鮮であって、そんなことでミサイル日本に打ち込むな!と言ってんだけどね」とブログの意図を説明している。

   ただ、「言葉が足らなかったカモ」として、「スミマセン」と謝罪した。最後に、「どちらにしても ミサイルや核だなんだではなく 子供達や家族 日本国民 そして世界中の人々が平和で暮らせる事が一番なんだと私は思うなぁ」とつづっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中