くら寿司、ネット匿名批判に猛反発 「過剰反応」「毅然対応」見方さまざま

印刷

   大手回転すしチェーン「無添くら寿司」を展開する「くらコーポレーション」(大阪府堺市)がネット上の書き込みへ取った対応が、「過剰反応ではないか」などとインターネット上で物議を醸している。

   騒動の発端となったのは、あるネットユーザーが株式情報などを扱う掲示板に書き込んだ次のような言葉だった。「無添くらなどと標榜するが、何が無添なのか書かれていない。(略)イカサマくさい。本当のところを書けよ」――。

  • くら寿司では「無添」を大きく打ち出している(画像は同社公式サイトより)
    くら寿司では「無添」を大きく打ち出している(画像は同社公式サイトより)

「Yahoo!ファイナンス」の書き込みが発端

   問題となった「イカサマくさい」との書き込みは、2016年3月に株式投資家なども多く目を通すとされる「Yahoo!ファイナンス」内の掲示板に寄せられた。これに対し、くら社側が最初に取った対応は、広報IR部門の社員が掲示板上で直接投稿者に対し「反論」するというものだった。

   まずくら社側は、投稿者に対し「くら寿司ではすべての食材から四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)を排除しております」と説明。その上で、詳細については広報担当まで問い合わせるように呼びかけた。これに対し、問題の投稿を寄せたユーザーは、

「都合の悪いことはくらコーポレーションIR担当に聞け。ということか(略)ホームページで公表するのは 都合が悪いらしい」

などと返信。続けて、四大添加物とは何なのか、「使っていないもの」と「使っているもの」をより具体的に公表して貰わなければ納得できないとも書き込んだ。

   こうした一連の書き込みに対し、くら社側は「当社は東証一部上場企業として社会的責任を担い商品を提供させていただき適切な表示をしております」と反論。さらに「事実と異なる内容の投稿が続けられ憤慨しております」などと書き込んだ上で、

「匿名での誹謗中傷は看過できないためこの場を借りて反論させていただいております。これより法的手続きの準備に入らせていただく所存です」

とも投稿した。

   その後、くら社側は名誉が侵害されたとして、プロバイダー業者「ソニーネットワークコミュニケーションズ(ソネット)」に投稿者の氏名と住所を開示するよう要求した。だが、ソネット側がこの要求を拒絶したため、くら社側は東京地裁へ投稿者の情報開示を申し立てた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中