男も半数はアンダーヘア手入れ パナソニックが狙うデリケート市場

印刷

   パナソニックが2017年5月1日から発売する、男性の下半身に対応した「ボディトリマー」がネット上で話題になっている。

   欧米では、男性の下半身の「手入れ」は一般的で、むしろケアを怠っていると「不潔」とみなされることもあるが、日本では、外から「見えない」部分の処理は少数派だ。はたして同商品がきっかけで、男性の「アンダーヘア処理文化」は浸透するのか。

  • ボディトリマー「ER-GK60」の商品サイトより
    ボディトリマー「ER-GK60」の商品サイトより

「ようやく時代が俺に追いついてきた感がある」

   パナソニックが発売する「ボディトリマー ER-GK60」は、わきや腕、へそ周りはもちろん、陰部や脚の付け根、でん部などカミソリでは難しい部分をカバーし、ヘッドがV字の形状のため、デリケート部分にも届きやすくなっているとしている。

   毛の刈り高は、付属のアタッチメントを付け替えることで、「0.1mm」「2mm」「3mm」「6mm」の4種類あり、防水設計で水洗いも可能なため、風呂場での処理もできる。価格はオープン(アマゾンでは8806円で予約受付中)。

   これが発表になると、ツイッターやネットの掲示板では、

「こういうのを待ってた、絶対買う」
    「体毛エグいのでずっとカミソリでなんとかしてたんだけどボディトリマーっていうの欲しい」
    「パナソニックは何処に行こうとしているのかはともかくわりと欲しい」

といったコメントが多数挙がった。

   なかには、

「これかってプレゼントしよかな」
    「彼氏にいいかも」

という女性からの意見や、

「肛門の毛を処理しはじめると人生変わる」
    「ようやく時代が俺に追いついてきた感がある」

といった「先輩」からの推奨も少なくなかった。

   パナソニックの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、

「どの世代でも身だしなみと整える意識が高まってきています。顔や服装など、見えるところはもちろんですが、見えない部分の体毛についても、今後ますます意識が高まると考えています。今回、業界先駆けてアンダーヘア処理器具を発売し、世の中の身だしなみに関する意識の高まりをさらに後押ししていきたいと考えています」

と、意気込んだ。

「逆台形スタイル」が一番人気

   パナソニックが「ボディトリマー」を送り出すには、確固たる「理由」があるという。同社は、20~30代男女を対象に、「アンダーヘア事情」を調査している。

   男性のみに行ったアンダーヘアの「ケア事情」についての質問では、「特に何も行っておらず伸ばしっぱなし」が54%と最も多かった。しかし、残りの46%は「ケアしている」と回答。具体的には「定期的に整える」(33%)、「特別な時に整える」(9%)「そり落としている」(4%)と続き、実際には「手入れ」している男性が多い。

   ちなみに、男性専用の脱毛サロン「YES」の調査によると、アンダーヘアについての1番人気のケアスタイルは「逆台形スタイル」。股間の上部に富士山をひっくりかえしたような形をアンダーヘアで描く。続く2位は「Vスタイル」。左右の太腿の付け根に毛を沿わせる格好だ。

   3位はというと、清潔、衛生的という意味の「ハイジニーナスタイル」。いわゆるツルツルだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中