横浜にトランスフォーマー現る タクシー会社の製作・展示に反響

印刷

   自動車がヒト型ロボットに姿を変えた写真がツイッターで反響を集めている。さながら、映画「トランスフォーマー」に登場する変型メカのようだ。

   製作したのは横浜市のタクシー会社。担当者は「もともとエイプリルフールのネタでした」とJ-CASTニュースの取材に明かす。

  • そびえ立つ「ロボットのタクシー」(写真提供:よちぢま‏(@yotizima)さん)
    そびえ立つ「ロボットのタクシー」(写真提供:よちぢま‏(@yotizima)さん)
  • 全高約4メートル。ビル2階の窓まで届く(写真提供:よちぢま‏(@yotizima)さん)
    全高約4メートル。ビル2階の窓まで届く(写真提供:よちぢま‏(@yotizima)さん)
  • タクシーの廃材を使って製作された(写真提供:三和交通)
    タクシーの廃材を使って製作された(写真提供:三和交通)
  • 製作過程の1コマ。まだ骨組みの段階(写真提供:三和交通)
    製作過程の1コマ。まだ骨組みの段階(写真提供:三和交通)

重量500キログラム、高さ4メートル

   ツイッター上でその存在が知れ渡ったのは2017年4月20日の投稿。あるツイッターユーザーが「近所のタクシー会社わりと好き」と言って掲載したのは、黒光りするヒト型ロボットの写真だ。自動車の部品でできており、ボディ、タイヤ、シャフトとさまざまなパーツが組み合わさっている。重量は約500キログラム。全高は約4メートルあり、その高さは背後に写るビルの2階の窓まで届く。

   単なる直立ではなく、ポージングも映える。脚は大きく広げて前傾姿勢を取っている。腰をひねらせて右手を地面につけ、左手は拳を握っている。躍動感のある構えからは今にも動き出しそうな雰囲気がある。

   製作したのはタクシー会社三和交通(横浜市)。広報担当・眞壁広貴さんは21日、J-CASTニュースの取材に製作の経緯を明かした。もともとはエイプリルフール用に製作されたもので、「AIを活用した完全自動運転の技術が話題になってきたので、これをモチーフに自律的に動く『ロボットのタクシー』という企画で進めたらどうかとなりました。同時に映画『トランスフォーマー』のようなイメージが従業員の間で一致しました」という。

「CGムービーを作るという案もあったが、本格的にやると外注が必要になり、かなりの費用がかかりそうで...。それなら社内だけで完成させられるし、実物のヒト型ロボットを作ろうと決まりました」

エイプリルフール企画として発表したが...

   タクシー整備工場を備えている関係で、廃車や廃材を多く保有しており、材料に用いた。板金や溶接などの加工、電気関係にも詳しい従業員もおり、社内の8人がメインで製作に取り組んだ。日常業務があるので、かけられる時間は限られていたが、「一同、興味を持って取り組んでいました」という。製作には約2か月を要した。

   満を持して「世界初!ついにテスト運行開始『ロボットのタクシー』」との発表を4月1日、「エイプリルフールの企画」と明示しながら自社サイトで発表。完成したロボットの写真も掲載したが、「今年は土曜日だったせいか、当日の反響はいまひとつでした」と眞壁さんは話す。

   しばらく工場内で保管していたが、「せっかく製作したので、4月17日から本社がある横浜営業所前で展示し始めたところ、近所の方々や子どもたちに人気が出ました。写真を撮る人も多いですね」と地元で反響を得はじめた。4月20日のツイッター投稿も「把握している」といい、「地元以外でも知られるきっかけになりました、アップしていただいた方には感謝申し上げたいです」と喜んでいる。

   展示の期限は特に設けておらず「当面の間、継続的に展示する予定です」と眞壁さんは話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中