米空母と海自が共同訓練 西太平洋で

印刷

   朝鮮半島近海へ向けて航行中の米原子力空母「カール・ビンソン」やミサイル駆逐艦などで構成する米軍の空母打撃群と、海上自衛隊の護衛艦が、2017年4月23日から西太平洋で共同訓練を始めた。

   海自が同日、発表した。各種戦術訓練を行うとしている。海自から参加する護衛艦は、「さみだれ」など2艦。

   北朝鮮では、25日に朝鮮人民軍創建85年の節目を迎える。今回の演習は、核実験の準備など挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中