2018年 11月 16日 (金)

秋葉原駅に爆発物?で一時騒然 処理班出動も結局「いたずら」か

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2017年4月23日昼、東京都千代田区のJR秋葉原駅のトイレに不審な物があると110番通報があり、昭和通り口の改札が一時閉鎖される騒ぎとなった。

   「不審物には電池が付いている」などの情報から、機動隊の爆発物処理班も出動したが、ほどなく爆発物ではなかった事が確認された。警視庁万世橋署は、いたずらの可能性があるとみて調べている。

  • 秋葉原駅昭和通り口(2017年4月23日撮影)
    秋葉原駅昭和通り口(2017年4月23日撮影)

「おいおい、いったい何がおきるんだ...」

   不審物の通報があったのは同日11時ごろ。発見場所は、同駅昭和通り口側の多目的トイレで、個室内の荷物を乗せるための棚のそば。警視庁は、同通り口を一時閉鎖し、爆発物かどうかを調べた。

   日曜日ということもあり、多くの人出がある中での騒動となり、SNSでもその模様を報告する人が相次いだ。

   昼過ぎには、特殊車両などのものものしい写真とともに、

「おいおい、いったい何がおきるんだ...」
「秋葉原で爆弾テロっぽい状態で出入り口封鎖中っす」
「秋葉原でテロテロ?...安全確認の為って...何かの隠語じゃなかっただろうか?」

などと、心配するコメントがツイッターにあふれた。

   その後、警察の調べで不審物は爆発物ではなく、乾電池とリード線がついた芳香剤の噴霧器のようなものと分かり、14時ごろには通り口の閉鎖も解除された。噴霧器様のものはカバーがはずされ、電池などが向き出しで見える状態にしてあった事などから、万世橋署では、何者かがいたずら目的で置いた可能性があるとみて調べている。

現地のトイレ脇には「不審火」知らせる張り紙

   通り口の閉鎖が解除された頃から、ツイッターには「いたずらだったらしい」などの書き込みとともに、

「秋葉原駅に不審物仕掛けた奴だれだよ 早いとこ自首しないとオタクの軍勢がヤバいぞ」
「何やら秋葉原駅で不審物騒ぎがあったみたいだけど、秋葉原には不審なものしかないだろツイートがわんさか出てきて流石に草が生えましたwww」

と、安心したのかユーモアを交えた感想が出回っている。

 

   15時前にJ-CASTニュースの記者が現場についた際には、昭和通り口付近は平静さを取り戻していた。現場となったトイレを確認したところ、立ち入り禁止などの表記はなかったが、ボタンを押して入ろうとしても、電源が切られているのか、ドアは開かなかった。また、ドアの脇には「お客様へ」との表題で、「最近、トイレ内において、放火と思われる不審火が発生しています」などと知らせる紙が張られていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中