秋葉原駅に爆発物?で一時騒然 処理班出動も結局「いたずら」か

印刷

   2017年4月23日昼、東京都千代田区のJR秋葉原駅のトイレに不審な物があると110番通報があり、昭和通り口の改札が一時閉鎖される騒ぎとなった。

   「不審物には電池が付いている」などの情報から、機動隊の爆発物処理班も出動したが、ほどなく爆発物ではなかった事が確認された。警視庁万世橋署は、いたずらの可能性があるとみて調べている。

  • 秋葉原駅昭和通り口(2017年4月23日撮影)
    秋葉原駅昭和通り口(2017年4月23日撮影)

「おいおい、いったい何がおきるんだ...」

   不審物の通報があったのは同日11時ごろ。発見場所は、同駅昭和通り口側の多目的トイレで、個室内の荷物を乗せるための棚のそば。警視庁は、同通り口を一時閉鎖し、爆発物かどうかを調べた。

   日曜日ということもあり、多くの人出がある中での騒動となり、SNSでもその模様を報告する人が相次いだ。

   昼過ぎには、特殊車両などのものものしい写真とともに、

「おいおい、いったい何がおきるんだ...」
「秋葉原で爆弾テロっぽい状態で出入り口封鎖中っす」
「秋葉原でテロテロ?...安全確認の為って...何かの隠語じゃなかっただろうか?」

などと、心配するコメントがツイッターにあふれた。

   その後、警察の調べで不審物は爆発物ではなく、乾電池とリード線がついた芳香剤の噴霧器のようなものと分かり、14時ごろには通り口の閉鎖も解除された。噴霧器様のものはカバーがはずされ、電池などが向き出しで見える状態にしてあった事などから、万世橋署では、何者かがいたずら目的で置いた可能性があるとみて調べている。

現地のトイレ脇には「不審火」知らせる張り紙

   通り口の閉鎖が解除された頃から、ツイッターには「いたずらだったらしい」などの書き込みとともに、

「秋葉原駅に不審物仕掛けた奴だれだよ 早いとこ自首しないとオタクの軍勢がヤバいぞ」
「何やら秋葉原駅で不審物騒ぎがあったみたいだけど、秋葉原には不審なものしかないだろツイートがわんさか出てきて流石に草が生えましたwww」

と、安心したのかユーモアを交えた感想が出回っている。

 

   15時前にJ-CASTニュースの記者が現場についた際には、昭和通り口付近は平静さを取り戻していた。現場となったトイレを確認したところ、立ち入り禁止などの表記はなかったが、ボタンを押して入ろうとしても、電源が切られているのか、ドアは開かなかった。また、ドアの脇には「お客様へ」との表題で、「最近、トイレ内において、放火と思われる不審火が発生しています」などと知らせる紙が張られていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中