2018年 11月 18日 (日)

女子同士で聞けない夏の脱毛失敗談 半数が予算5万円以下、アンダーヘア11%

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   初夏に入り、お肌を露出する機会が増えてきたが、脱毛のノウハウサイト「NII-NA(ニーナ)」を運営するNII-NA編集部は、20代の女性100人を対象に行なった「2017年の夏の脱毛計画」のアンケート結果を2017年4月21日発表した。

   脱毛の部位から予算、失敗談まで、女子同士でもちょっと気になるけどなかなか聞けないエピソードを公開している。

  • 脱毛処理はしっかりケアをしながら
    脱毛処理はしっかりケアをしながら

カミソリで自己処理してチクチクして...

   同編集部の発表資料によると、調査は2017年4月12日~17日に行なわれた。夏に向けて脱毛を行う予定は、82%があると回答、その64%がすでに脱毛を開始している。脱毛方法は、35%が脱毛サロン、自分でカミソリ・毛抜きで行なうが29%と続く。予算は5万円以下が半数以上(1万円未満29%、1~5万円22%)だが、5~10万円が14%、10万円以上が6%いた。

   気になる脱毛を行う予定の部位(複数回答)は、ワキ(27%)、足(18%)、腕・手(14%)の順に多く、続いてVIO(アンダーヘア)11%、顔(7%)だ。

   夏の脱毛について過去に困ったことや失敗したエピソードも聞いた。

「レーザー脱毛を、真夏に始めてしまい、日焼け対策に手こずりました」
「背中の除毛で傷を作って、しばらく水着が着られなくなりました」
「妊娠や授乳期は脱毛がいけないので困っています。マメに毛を剃ったりしないと大変」
「VIOをセルフ脱毛したら後でかゆくなりました。ケア商品も使用していたのに抑えきれなくて、外出先などで頻繁にトイレに行き困りました。同じくVIO脱毛後、生えはじめの毛がショーツからチクチク出て、恥ずかしかった」
「カミソリのみでハイジニーナ(アンダーヘアの脱毛)にしたところ、皮膚が炎症を起こしてしまい、夏の間海に入れず後悔しました。しかもワキの脱毛もカミソリで行ったため、伸びるとチクチクし、黒ずんでしまいました」
「埋もれ毛を無理やり抜こうとして、傷つけたところが茶色く痕になってしまいました」

   同編集部では、全身脱毛の場合は夏場の日焼け対策が欠かせないこと、また自己処理の手入れと脱毛サロン双方にリスクがあるので、しっかり理解して行なうことを呼びかけている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中