複合現実技術で歯科治療を行うシステム

印刷

   ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京都港区)と歯科医療器械・器具の流通を手掛けるモリタ(大阪府吹田市)は、世界となる「MR(複合現実)技術」を活用した歯科治療シミュレーションシステムを開発し、2017年3月21~25日にドイツで開催された歯科業界の展示会「第37回ケルン国際デンタルショー」でデモンストレーションを実施したと発表した。

  • 最新技術でより緻密な治療が実現するか(リアライズ・モバイルプレスリリースより)
    最新技術でより緻密な治療が実現するか(リアライズ・モバイルプレスリリースより)

患者の歯に神経や血管の情報を表示

   MR技術は、現実空間に専用のディスプレー装置などを装着してさまざまな情報を表示させる「AR(拡張現実)技術」と、コンピューター上で仮想現実を表現する「VR(仮想現実)技術」を融合し、現実空間にCG(コンピューターグラフィックス)などによる仮想世界を表示する技術。

   リアライズ・モバイルのプレスリリースによると、同システムは、歯科医師の監修のもと、歯学教育現場で行われる歯科治療のトレーニング用に開発されたもので、施術者が仮想空間のCG画像のガイドを見ながら、現実空間の実習模型に治療を施せる点が大きな特長としている。

   具体的には施術者がヘッドマウントディスプレー(頭部に被る形状にディスプレー)を装着し、搭載されたステレオカメラで患者(実習模型)の口腔内や患部の映像を捉える。この映像データに、肉眼では確認できない患部の神経や血管の位置や形状などの情報をCG画像として重ね、傷つけてはいけない部分を視認しながら治療することができるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中