ヤフー前社長の井上雅博氏が交通事故死  「日本のネット発展に貢献」と惜しむ声

印刷

   ヤフー前社長の井上雅博氏が2017年4月26日(日本時間)に米カリフォルニア州で交通事故のため死去した。60歳だった。同社が29日朝、公式サイトで発表した。

   ソフトバンクと米Yahoo!が1996年1月、合弁でヤフー日本法人を設立した際の創業メンバー。同年7月には社長に就任し、インターネットの急速な普及に合わせてヤフーを日本最大級のネット企業へと成長させた。

  • 井上雅博氏の訃報を伝えたヤフーの発表
    井上雅博氏の訃報を伝えたヤフーの発表

「退任」当時はさまざまな憶測が流れた

   井上氏は1987年にソフトバンクに入社。同社の孫正義社長の側近として、ヤフー日本法人の創設に関わった。96年7月にはヤフーの代表取締役社長に就任し、以降2012年に退任するまで16期連続で増収増益を実現。96年4月開設の「Yahoo!JAPAN」を国内最大のポータルサイトに成長させた。

   だが2012年、ヤフーの社長と最高経営責任者(CEO)を退任。同時に、2001年から務めていたソフトバンクの取締役からも退いた。

   経営が好調な中での退任をめぐっては、当時さまざまな憶測が流れた。J-CASTニュースが12年3月2日に報じた記事では、ITジャーナリストの井上トシユキさんの話として、孫社長との「微妙な距離感」が退任の一因となったのではないか、との可能性を指摘していた。

宮坂学現社長「心からご冥福を」

   今回の訃報を受けて、ツイッターやネット掲示板では、

「間違いなく日本のインターネットを作り上げられた方の1人。ご冥福をお祈り致します」
「この方がいなければ、おそらく日本のインターネット普及はもう少し遅れてたと思う。日本人にとって、インターネットの間口を拡げたという功績は大きい」
「ヤフー、そして日本のインターネットの発展に大きな役割を果たした方」

といった声が出ている。

   なお、井上氏からバトンを受け継いだ現ヤフー社長の宮坂学氏も、29日朝のツイッターで、

「ご生前のご厚情に深く感謝するとともに故人のご功績を偲び心からご冥福をお祈り申し上げます」

と投稿している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中