黒柳徹子がキムタクに禁断の質問 SMAP元メンバーとの関係突っ込むと...

印刷

   「一人になってどう?」「寂しくはないの?」――。2017年4月28日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、黒柳徹子さん(83)がSMAP解散をめぐる「直球質問」を連発し、ゲストの木村拓哉さんが「タジタジ」になる場面があった。

   黒柳さんは番組冒頭から解散騒動に言及。「あなたも大変でしたね、こないだ色々あって。その後どうなったんですか?」と切り込むと、木村さんは「その後どうなった...、えっ、その後どうなった!?」と大慌て。こうした展開に、スタジオの観客からどよめきが広がった。

  • 奔放トークに木村さんもタジタジ
    奔放トークに木村さんもタジタジ

「普段からそう仲がいいってわけではないの?」

   冒頭からSMAP解散の話題が飛び出したことに、どこか面食らった様子の木村さん。それでも黒柳さんの「攻勢」は止まらない。続けて、

「でもなんか世の中は大変でしたね、スポーツ紙では一面に出たんじゃないの?」

とまたもや答えにくい質問をぶつけると、木村さんは「でしたね...ハイ」とポツリ。この返答に「ね!」と相づちを打った黒柳さんは、

「皆と会ったときに、別に何ということもないの?普通?普段からそう仲がいいってわけではないの?」

と元メンバーとの関係性についても突っ込んだ。

   この質問にも、木村さんは「全然、ベタベタという関係ではないので」と落ち着いて返答するが、それに被せるように黒柳さんは、

「(SMAPと共演した際に)本当にあの、あまり私語がないような感じがした。だから仲が悪いって、そういうことを言っているわけではないですけど」

と追撃。こうした黒柳さんの疑問に、木村さんが「逆にベタベタしてたらちょっと怖いですよね。20年以上一緒にいる奴らが」と返すと、2人の間では「フフッ」という小さな笑いが起きた。

   その上で黒柳さんが、「いま、一人になってどう?」「寂しくはないの?」などと解散後の心境について尋ねると、木村さんは、

「以前は大きめの船で...、自分がちょっと力を抜いたり、手を離したりしても進んでいたような気がするんですけど。誰かが漕いでいたので。今は完全に単体の船になったので、自分が漕ぐのをやめたら進まなくなる」

と重たげな口ぶりで話していた。

頭を抱えて「もう、勘弁してください...」

   その後、2人のトークはSMAP結成直後の話題に。黒柳さんが、グループ結成当初の下積みの中でも「(SMAPのメンバーが)一緒だから大丈夫というところはあったの?」と聞くと、木村さんは、

「やっぱり、そういう空気はあったとおもいます。うん...」

と返した。

   番組後半では、黒柳さんが「生歌」を要求する場面も。木村さんの「十八番」が布施明さんの「シクラメンのかほり」だと聞くと、黒柳さんは興奮した様子で「あら本当!あなたが歌ったらいいでしょうね。歌って、歌って」とおねだり。

「ええっ!ちょっとコレなんすか、こういう番組?いやいやいやいや」

と嫌がった木村さんだが、結果的には歌声を披露するハメに。アカペラで冒頭のワンフレーズを歌うと、恥ずかしそうに頭を抱えて「もう、勘弁してください...」と泣きを入れていた。

   黒柳さんの「独特なペース」に終始タジタジだった木村さん。その姿を見た視聴者からは、ツイッターやネット掲示板に「木村くんのタジタジ感すごい」「徹子さん相変わらず自由すぎ」などと面白がる声が相次いだ。

   ただ一方で、SMAPファンとみられるユーザーからは、

「不仲の件、本人の口から引き出してくれたの徹子さんだけだよね さすがに誰もそこには触れなかった」
「他のインタビューは聞く側が遠慮し過ぎて似た質問ばかりだったけど、徹子さんらしい質問はとてもよかった」

など、解散の話題に鋭く突っ込んだ黒柳さんに感謝する声も上がっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中