2018年 11月 19日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「北朝鮮へ武力行使」世論支持が半数超えた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「北朝鮮はいったい何を考えているのか。日本人は恐怖におののいているだろう? トランプは、オバマみたいに北朝鮮を放置しておかないよ」

   アメリカ人の知人が私にそう話した2017年3月頃、日本のマスコミは安倍首相夫人と森友学園の報道に明け暮れ、まださほど北朝鮮との緊迫感は感じられなかった。

  • トランプ大統領は北朝鮮に強硬な態度を取り続けている(C)FOMOUS
    トランプ大統領は北朝鮮に強硬な態度を取り続けている(C)FOMOUS

2大政党支持者で大きな差

   大統領の評価が決まるといわれる就任後最初の100日間が、4月29日で終わった。ここにきて、アメリカでも毎日のようにメディアを賑わせているのが、北朝鮮問題だ。

   核開発やミサイル発射などの挑発行為を続ける北朝鮮を今、アメリカに住む一般の人たちはどう見ているのだろうか。最近、各メディアで世論調査が行われた。

1)北朝鮮に対する脅威

・「米国にとって当面の最大の脅威は何か」

   1位:北朝鮮38% 2位:ISIS(過激派組織「イスラム国」)25% 3位:ロシア18% 4位:中国(5%)、5位:イラン(4%)
(フォックスニュース、2017 年4月23日~25日)

   共和党支持者と無党派層では、ISIS(過激派組織「イスラム国」)が北朝鮮に次いで2番目だったが、民主党支持者ではロシアがISISを上回った。

・「北朝鮮が米国に直接の脅威を及ぼしている」37%
(CNNと世論調査機関ORCの共同、2017年4月22日~25日)

2)軍事力行使の必要性

・「北朝鮮の核開発阻止のために軍事力行使を支持する」53%
「外交だけで阻止できる」39%
(フォックスニュース、同上)

・「北朝鮮が攻撃してきた場合、韓国を防衛するために軍事力行使を支持する」67% (CNNとORCの共同、同上)

   北朝鮮への脅威について、さらに北朝鮮が攻撃してきた場合の軍事力行使について、党派間でほとんど差がなかった(CNNとORCの共同)が、核兵器阻止のための軍事力行使では、賛成が共和党支持者で73%と、民主党(36%)と大きく意見が分かれた(フォックスニュース)。

   先日、出会った中年のアメリカ人男性らは、米国が早急に軍事行動に出るべきだと主張した。

「トランプ嫌いだからと言って、彼がやることなすこと、批判すべきではない。今、北朝鮮が攻撃してくれば、被害を被るのは韓国や日本だが、そのうち、ワシントンDCやニューヨークなど米国の大都市に、北朝鮮の核弾頭付きミサイルが届くようになるだろう。それからでは手遅れ。今、阻止すべきだ」

   反トランプ派のなかにも、「今回の彼の判断と行動力は見事だった」とトランプ大統領を称賛する人はいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中