2019年 11月 20日 (水)

「返して下さい。僕が利益出したんです」 ビットコイン取引所「5倍急騰」が無効!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   仮想通貨取引所「コインチェック」で、ビットコイン価格が一時約100万円と表示されていた。相場は20万円前後で推移していたため、約5倍にのぼる。だが、この件について同取引所の運営会社は「障害」が発生していたと発表。「障害発生時点」まで、取引履歴を含む全データを戻すことにした。

   そのため、この間に利益を得たと思っていたユーザーらが激怒。「僕が利益出したんです」「納得できません」といった声が噴出した。

  • コインチェックのビットコイン価格チャート。5月9日12時~15時がぽっかりと空洞になっている(画像はコインチェック公式サイトから)
    コインチェックのビットコイン価格チャート。5月9日12時~15時がぽっかりと空洞になっている(画像はコインチェック公式サイトから)

「96万円付けたらしい」

   トラブルが起きたのは2017年5月9日。11時半ごろからツイッター上で「コインチェックどうなってんの」「とんでもなく跳ね上がってますね」「さすがにやばくないか?」と異常を伝える投稿が続出した。

   ビットコインをはじめとした仮想通貨はコインチェックなどの「取引所」で売買される。レートはいずれの取引所でもほぼ同程度なことが多いが、取引所ごとにリアルタイムで変動している。1ビットコイン(BTC)はここ数日間20万円前後で推移していたが、9日には「瞬間96万円付けたらしい」などのツイートがあった。実際に、売買価格を見られるコインチェックのスマートフォンアプリで96万円台の値が付いた状態の画面をスクリーンショットし、投稿された画像も複数あった。

   同取引所を運営するコインチェック社(本社・東京都渋谷区)は事態を把握し、企業サイトで「正常ではない価格が表示される障害が発生致しました」と発表するとともに「お客様に多大なご迷惑、並びにご心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。同時に、売買をはじめコインチェックのサービス利用を一時停止し、一切の取引ができない状態にしたことも報告した。また「正常ではない価格」で取引していた場合「取引前の状態へ戻す可能性があります」としていた。

   追って同日中に出された発表によると、今回の障害は9日11時25分に発生し、直後にサービスを一時停止したという。障害は「ハッキング等で外部からの攻撃を受けたものではございません。ご利用者様の個人情報、並びに資産の流失はございません」としているが、原因の詳細は明かされていない。

   だが、障害への対応をめぐって一波乱起きることになった。同社は「ロールバックの措置を執らせていただきます。障害発生時間、日本時間2017年5月9日(火)11時25分の時点へ戻す対応とさせていただきます」と発表。成立していた取引など「全てのアクションがロールバックの対象となり、11時25分の状態へ戻ります」と説明したのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中