2018年 12月 14日 (金)

タカタから「ジュニアシート」が登場 3歳以上の安全を守る高機能シート

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   エアバッグやチャイルドシートなどの自動車用安全システムメーカー、タカタ(東京都品川区)は、3~12 歳ごろまで使えるジュニアシート「Child Guard Junior(チャイルドガードジュニア)」を 2017年4月29日から全国で発売している。

   ドイツの安全性能試験機関の認証を受け、欧州で販売されている「TAKATA MAXI」というジュニアシートの日本向けモデルになるという。

  • どことなくスタイリッシュなジュニアシート(画像はタカタ製品ページより)
    どことなくスタイリッシュなジュニアシート(画像はタカタ製品ページより)

独自開発の安全技術を採用

   3歳程度までの乳幼児向けの座席であるチャイルドシートに対し、ジュニアシートは3歳以上から使用する座席。タカタのプレスリリースによると、チャイルドガードジュニアは体重15~36キログラムの子どもの使用を想定している。

   座面だけでなくヘッドレストと一体化した背もたれがついた「ハイバック」タイプとなっており、ヘッド部分にはパッド内の空気を逃しながら効果的に衝突エネルギーを吸収し側面衝突から頭部を守るタカタ独自開発の「AIRPAD(エアパッド)」を採用。チャイルドシートの国際的な取り付け規格「ISOFIX」にも対応しており、対応車両に取り付けると、ジュニアシート本体がクルマの座席にしっかり固定され、安心かつ快適に子どもを乗車させることができるという。

   価格は3万4000円(税抜)で、全国主要ベビー用品店やカー用品店で販売している。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中