巨人はついにオワコンなのか 2試合でリリーフ陣8人が11失点

印刷

   巨人の中継ぎ陣が踏ん張れない。2017年5月13、14日の広島との2連戦は2対11、1対8と計19失点で連敗。そのうちなんと7回以降で11失点、13日は3人、14日は5人の中継ぎをつぎ込んでこの惨状だった。

   しかも先攻の巨人は両試合ともに9回の守備がなかったため、中継ぎが投げたのはいずれも7、8回のみ、つまり4イニング大量失点という酷さだ。

  • 対広島2連戦での巨人投手陣の低調ぶりを伝えるスポーツ紙各紙
    対広島2連戦での巨人投手陣の低調ぶりを伝えるスポーツ紙各紙

広島と対照的な継投

   13日は先発のマイコラスも6回5失点と先発の役割を果たせなかった。ただ6回1死1、3塁の場面では、広島・田中広輔の飛球を右翼手の橋本到が本塁へ悪送球し、3走が生還、1走を進塁させており、拙守の責任も大きい。

   問題の中継ぎ陣は、8回に登板した3番手・篠原慎平(26)が2死から連続四球。代わった4番手・中川皓太(23)は四球を挟んで本塁打を含む3連打を浴び、一挙6失点で試合を決められた。

   炎上は翌日も変わらなかった。先発・田口麗斗(21)は、6回3失点と何とか先発の役目を果たしたものの、2番手・宮國椋丞(25)は7回に2失点し、1イニングも持たずに降板。

   さらに8回1死から登板した乾真大(28)はいきなり2連打を浴びると、暴投で2、3塁のピンチを招く。スクイズ狙いの石原慶幸にも暴投し、走者2人が生還するという「自爆」が起きて3失点。この回だけで3人の投手を費やした。

   一方の広島は先発・九里亜蓮が6回1失点、その後は一岡竜司、ジャクソン、今村猛がきっちり1イニングずつ無失点で継投したのとは対照的だ。

   高橋由伸監督は「選手がベストを尽くしてくれないと」と吐き捨てた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中