2018年 10月 19日 (金)

マダニが活発化、庭や畑にも 効果的な防護法パンフレット、感染症研から

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マダニが媒介する感染症で、高齢者での死亡例も確認されている「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が例年5月に多く発生することから、国立感染症研究所は2017年5月11日、マダニの生息場所や対策方法、忌避剤などについて解説したパンフレット「マダニ対策、今できること」を発表した。

  • 軽快な服装は危険(「マダニ対策、今できること」より)
    軽快な服装は危険(「マダニ対策、今できること」より)

死亡例も確認されているマダニ媒介感染症

   「SFTS」は治療薬やワクチンが存在しない感染症で、2013年1月に国内で初めて感染例が確認されて以降、国内では50人近い死亡例が確認された。感染すると6日~2週間の潜伏期を経て、発熱や食欲低下、嘔吐、腹痛といった症状が起き、さらに頭痛、筋肉痛といった神経症状や皮下出血などの出血症状を起こすという。全患者の90%以上が50歳以上となっており高齢者が多い。

   パンフレットではマダニは野山だけでなく民家の裏山や庭、畑などにも生息していると指摘し、マダニに咬まれる可能性のあるこうした場所に入るときは腕や足、首を露出しない服装にするよう呼びかけている。

   また、2013年からマダニの忌避剤(虫よけ剤)が認可されており、服の上から「ディート」や「イカリジン」といった忌避剤を散布することで、より厳重な防護になるという。なお、ディートは有効成分の含有量によって6か月未満や12歳未満の子どもには使用が禁止されている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...