サイバー攻撃に北朝鮮関与か 専門家が過去の例との類似性指摘

印刷

   世界中のコンピュータに対して行われている、ランサム(身代金)ウェア「WannaCry」を使用した大規模なサイバー攻撃に、北朝鮮が関与している可能性があることを、複数の専門家が指摘している。ロイター通信やニューヨークタイムズなど海外メディアが2017年5月16日(日本時間)報じた。

   サイバーセキュリティ大手の米シマンテックと露カスペルスキーは、北朝鮮との関与があるとされるグループ「ラザルス」が使用したプログラムと、「WannaCry」の初期のバージョンの類似性を指摘した。「ラザルス」は2014年にソニーピクチャーズにサイバー攻撃を行ったほか、バングラデシュ中央銀行から8100万ドルを盗んだとされる。ただし、両社ともに、北朝鮮の関与は現時点では決定的ではないとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中