キムタク、カンヌで突然「空手ポーズ」 「イッテQ」出川へメッセージ

印刷

   元SMAPの木村拓哉さん(44)が主演を務める映画「無限の住人」が、「第70回カンヌ国際映画祭」のアウト・オブ・コンペティション部門に選出され、2017年5月18日夜(現地時間)にレッドカーペットに登場した。

   その際に木村さんが見せた「空手ポーズ」に込められたメッセージが話題となっている。

  • 木村拓哉さんがカンヌで「正拳突き」を披露
    木村拓哉さんがカンヌで「正拳突き」を披露

「正拳突き」に大歓声

   「TAKUYA~!!!」と黄色い歓声が飛び交うなか、木村さんはオールバックにタキシード姿で、三池崇史監督(56)と女優の杉咲花さん(19)とともにレッドカーペットに登場。会場には日本をはじめとする国々から多くの木村さんファンが詰めかけ、映画祭の公式サイトの中継ナレーションが、この様子を「クレイジー」だと表現するほど大きな歓声に包まれた。

   木村さんはインタビューや写真撮影ににこやかに応えながらレッドカーペットを進み、階段を登り切ったところでのフォトセッションでは手を振ってみせ、再度大量のフラッシュを浴びた。

   その終了間際、木村さんは突然、拳を握りしめた右手を前に突き出しながら左手をあばらの横あたりに引き、空手の「正拳突き」のようなポーズをとってみせた。すると会場からは、さらに「キャー」というファンらの歓声が上がった。

   一見全く関係のないこのポーズだが、会場にいたお笑い芸人の出川哲郎さん(53)の存在が、披露の理由だと考えられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中