福田萌育児ブログに反響 多くの母親が悩む「睡眠問題」

印刷

   タレントの福田萌さん(31)が育児中の悩みを綴った2017年5月17日のブログ記事がネット上で反響を呼んでいる。

   福田さんは3歳の長女と3か月の長男の育児に奮闘しながら、「なんで私ばっかり...」というモヤモヤした気持ちを度々抱いていたという。それが夫である「オリエンタルラジオ」中田敦彦さん(34)の「ある提案」により、すっかり解消したというのだ。

「自分の好きな時間に寝て起きる」

   福田さんはブログの中で

「極限状態になった私の頭に『なんで私ばっかり...』という言葉が浮かんできたことは 正直に言うと、一度や二度ではありません」

と告白する。夫の中田さんが外で働くことの意味は十分理解していたが、それでも「つい誰かを責めたくなる」辛さがあったという。

   中田さんはこれまでも、福田さんの代わりに料理や掃除を担当するなど試行錯誤をしてくれていたそうだ。しかしそんな夫の目に映る福田さんは、相変わらず「辛そう」なまま。そこで中田さんはある日、こう提案した。「明日は俺休みだから、萌は俺の部屋で寝な」――。

   実は福田さんの愚痴の多くは、睡眠に関するものだったという。それまでは福田さん自身、「なんで私ばっかり...」の「...」の後に続く言葉が分からなかったが、中田さんの提案により初めて「寝られないんだ!」だったことに気付いたそうだ。

「実は夫に一番して欲しかったことは 私をゆっくり寝かせてくれること。 自分の好きな時間に寝て起きる... この数年、それが一番したかったんだ!」

   その日は、息子の夜中の授乳やオムツ変え、朝目覚めた長女の相手は、すべて中田さんが担当。以来、福田さんの「なんで私ばっかり...」という思いは「どこかへ消え」、誰にも邪魔されずに眠る日が月に1度あるだけでも「全然違う」と実感したという。

「夫はどんなに大変でも寝るときは自分の部屋」

   福田さんのブログはネット上で注目を集め、育児中や育児経験のある女性たちから、

「睡眠大事!ほんと大事!」
    「福田萌さんのブログ、むっちゃ共感した」
    「本当にそれ。眠らせてくれ!この一言に尽きる、と思う」
    「めっちゃわかる!育児のしんどさってほんと睡眠が大きく関わってくるよね」

といった声が相次ぎ寄せられた。福田さんの抱いていたモヤモヤは、実は多くの母親たちが悩んでいた問題だったようだ。

   事実、都内で2人の子どもを育てる30代女性は、こう漏らす。

「正に今、子供2人と川の字で寝て、息子の授乳で2時間おきに起こされている状態です。4歳の娘も寝相が悪いし、しょっちゅう蹴られて起こされます。朝は赤ちゃんも娘も6時に起きちゃうし。なので『朝までぐっすり、1人で寝る』のは夢。夫はどんなに大変な1日だったとしても、寝るときは自分の部屋でぐっすり眠れるから、羨ましいです」

   福田さんが提案する月1度では「少ない」と言い、「どうせなら毎週末とか日替わりでやってもらいたい。1日できたなら、できるってことですもんね」と話す。

   現在3人の子どもを育てる広島在住の30代女性も「わかります!思う存分寝たいです」と福田さんに同意する。

   ただ、夫に任せる不安もあるという。

「以前、入院した時に夫が一晩、子供の面倒を見てくれたことがあります。結果、朝、子どもの目が腫れ、声は枯れていました。夫は子どもの泣き声に気がつかずに朝を迎えたみたいです。二度とパパには任せまいと心に誓った瞬間でした」

30代母親「したい行動に集中できる1日が欲しい」

   J-CASTニュースがこの2人の母親にさらに話を聞いたところ、単に「邪魔されない睡眠」だけではない、ある共通の希望が浮かび上がった。それは「1日自由に過ごせる日をもらうこと」だった。

「私の場合、眠れないのは慣れたので、子供2人を子守してくれて、私を放っておいてくれる『丸一日』をプレゼントしてくれたらストレスが減りそう。睡眠に限らず、家事でもなんでも、途中で何度も中断されるのがストレスなので、何者にも邪魔されず、自分のしたい行動に集中できる1日が欲しいです」(都内在住の女性)
「24時間を私だけの自由な時間として過ごすのは、子どもを産んだその日から夢のまた夢です。なので欲を言えば、独身時代の休日にやっていたみたいに漫画を読んだり、ゲームをしたりして夜更かしをして、昼前に起きて、テレビつけっぱなしでダラダラ1日過ごしたいです」(広島在住の女性)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中