トーハンが謝罪 「週刊新潮」中づり広告問題

印刷

   発売前の「週刊新潮」の中づり広告を「週刊文春」が入手していた問題で、出版取次大手のトーハンが2017年5月19日、「当社が文藝春秋様に貸し渡したことは不適切な取り扱いであり(略)」などとして、公式サイト上で謝罪文を公表した。

   新潮社に対しては、「取引者間の誠実義務に欠けていたこと」を認め、既に「お詫び」をしたという。今後も調査を継続し、内部統制・管理体制の一層の強化、整備に努めるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中