2018年 7月 20日 (金)

錦織圭は全身、傷だらけ 全仏オープンの勝ち目は?

印刷

   「世界のエア圭」がピンチである。故障だらけ、なのだ。

   メジャー第2戦、全仏オープンはどうなるのか。

  • 錦織はケガを乗り越えられるか(2015年11月撮影)
    錦織はケガを乗り越えられるか(2015年11月撮影)

メジャー優勝の可能性は「圭%」

   今度は右手首痛だった。マドリード・オープンの準々決勝を前に試合を棄権した(2017年5月12日)。

「100%の状態でプレーできないので...」

   錦織は試合回避の理由をそう説明した。相手は世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。故障があってはまず勝てない。試合途中の棄権は失礼にあたると考えたかもしれないが、ここは全仏出場のため、と思いたい。

   メジャー優勝は本人はむろんのこと、日本テニス界の悲願でもある。錦織は4大メジャー(全豪、全仏、全英、全米)で通算60勝。もう一踏ん張りで頂点も夢ではない位置にいる。

   先輩の松岡修造さんがメジャー優勝の可能性についてうまい表現を使っている。

「圭%」

と。つまり錦織自身がカギを握っているという意味で、それは「メンタルの問題」というのだ。優勝する実力はあることを認めている。

09年以来、故障と試合棄権が続く

   ただ気になることがある。故障だ。多すぎる。

   09年に右ヒジの内視鏡手術を受けてから、故障と試合棄権が続いている。12年は腹筋を痛めて途中棄権し、診断は「全治1か月」。13年は左ヒザを痛め、やはり途中棄権。14年も左股関節痛で、またもや途中棄権した。

   15年には左ふくらはぎを痛めた。ウィンブルドン(全英)に出場しながら棄権するという悔しさを経験している。

   全身傷だらけなのである。それは精神的にも影響しているのだろう。今年のリオ・オープンで負けたとき、ラケットをコートに投げつけ、観客からブーイングを受けた。錦織らしからぬ行動に驚いたものだった。

   16年の全米で準優勝したとき、確か「スポーツマンシップ賞」に選ばれている。世界が認める名プレーヤーになっただけに違和感が残った。

   プロ選手としてはもう通算獲得賞金1000万ドルを稼いだ。世界ランクも5位まで行ったし、今は8位。超一流である。

   全仏は今月28日にパリで始まる。

「筋肉の痛みは我慢できる。でも手首は骨がたくさんあるから...」

こう語る錦織には不安がうかがえる。

   たとえば1年ほど休んで治療に専念したら、と気をもむファンは多いはず。と同時にテニスは想像以上に激しいスポーツだということが改めて分かる。世界で戦う厳しさを錦織は背負っている。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中