2018年 11月 17日 (土)

松本人志「1番倫理観ある」、バカリズム「見えてから言ってほしい」 アキラ100%「裸芸」に理解

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   お笑い芸人のアキラ100%さん(42)の「裸芸」に放送倫理・番組向上機構(BPO)へ苦情が寄せられている問題で、ダウンタウンの松本人志さん(53)が、2017年5月21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「ある意味、1番倫理観がある」と発言し、アキラさんに理解を示した。

   アキラさんは、全裸にネクタイ姿で股間部をお盆で隠す「見えそうで見えない」芸で人気を集めている。16年末に出演した「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)や、17年の「R-1グランプリ」優勝をきっかけにバラエティ番組での露出が急増している。

  • アキラ100%さんの芸風に理解(2016年11月30日撮影)
    アキラ100%さんの芸風に理解(2016年11月30日撮影)
  • BPOに苦情が寄せられているアキラ100%さん(画像はアキラ100%さんのブログのスクリーンショット)
    BPOに苦情が寄せられているアキラ100%さん(画像はアキラ100%さんのブログのスクリーンショット)

「絶対に見せないんだから、裸芸じゃない」

   「ワイドナショー」では、BPOにアキラさんの芸風について、「公然わいせつ」「子どもの教育に悪影響」といった苦情が寄せられており、賛否両論があることを紹介した。これについて、スタジオでコメントを求められた松本さんは、

「ある意味、一番倫理観があるんじゃないかって」

とアキラさんを擁護。「絶対に見せないんだから、裸芸じゃない。子どもにいい影響がある」と、理解を示すコメントを続けた。

   また、ゲストとして番組に出演したバカリズムさんも「見えそうだからというのは、ちょっとかわいそう」とアキラさんに同情し、

「(局部が)見えてから言って欲しかった。見えてしまったら集中砲火でいいと思う」

と、「ギリギリ見えない」ところがアキラさんの芸の面白さだと自身の見解を述べた。

三浦瑠麗氏「別に面白くない」が「クレームなんか気にしなくていい」

   一方で、コメンテーターとして出演した国際政治学者の三浦瑠麗さん(36)は、アキラさんの芸について「別に面白くもないけど」とバッサリ。しかし、BPOへの苦情に関しては「クレームなんか気にしなくていいんですよ。番組が面白ければやればいい」として、クレームに委縮すべきではないとした。

   こうした松本さんとバカリズムさんのアキラさんへの発言に、ツイッター上では視聴者からは、

「松ちゃんの考え方さすが」
「確かに、子供に「人前でチンチン絶対見せちゃいけないんだよ」ってことを端的に教えてくれてる気がする」
「バカリズムさんが言うように、ポロリしちゃってからクレームしよう」

と、共感する声が相次いで寄せられる一方で、2人が揃ってアキラさんの芸風に理解を示したことについて、

「アキラ100%のBPO苦情の件で、芸としては問題ないって擁護してるけど、裸でTV出てるってことが不快での苦情だから正直、論点がずれてると思うんだよなぁ。同族だから擁護したい気持ちは分かるけど」
「なんなんだろう。このアキラ100%完全擁護の芸能界!」

と、疑問を呈する声も上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中