堀江貴文氏プロデュースサイト、盗用で閉鎖  「俺もむしろ被害者」

印刷

   ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)がプロデュースするというアイドルの募集サイトに盗用が発覚し、サイトの運営者が謝罪に追い込まれた。堀江氏は、プロデュースについて、頼まれただけだと説明している。

   「堀江貴文氏プロデュースのアイドルサイトが弊社サイトとデザインが酷似どころかソースまで一緒です」。こう2017年5月21日にツイッター上で訴えたのは、星座をモチーフにしたアイドルグループ「星座百景」の公式ツイッターだ。

  • 盗用を指摘した星座百景の公式ツイッター
    盗用を指摘した星座百景の公式ツイッター

アイドルグループ「星座百景」サイトに酷似

   「堀江貴文氏プロデュース」をうたっていたサイトは5月20日、この夏にデビューする「新規アイドルグループ」の初期メンバーを募集してオーディションを行うと告知した。サイトの運営者は、堀江氏のオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の有志で結成した団体「ゼロ アイドルプロジェクト」だ。堀江氏も、「こんなんやるみたい」とつぶやき、募集開始についてリツイートしていた。

   ところが、星座百景のブログやツイッターによると、このサイトは、星座百景のアイドルオーディションサイトと酷似していた。ブログなどでは、両者を比較する写真も載せており、それを見ると、確かに、レイアウトがそっくりなほか、文章も多くの部分で同じだった。さらに、ソースコードについても、星座百景の運営会社のドメインがいくつも使用されていた。

   堀江氏側からは、使用許可などの申請はなかったというが、プロデューサーとして堀江氏が知らなかったでは通らないと指摘している。そのうえ、事情を説明するよう堀江氏に求めている。

   これに対し、「堀江貴文氏プロデュース」のサイトは、21日のうちに削除され、ゼロ アイドルプロジェクトの運営責任者名でお詫び文がアップされた。

   そこでは、星座百景側からサイト酷似の指摘を受けて調べた結果、「当ホームページの制作において、星座百景様のウェブサイトの内容から盗用・剽窃していた事実が判明致しました」と認めた。ただ、「総合プロデューサーである堀江貴文は、サイトの剽窃に何ら関与しておりません。また、サイトの発注及び管理には一切関与しておりません」と釈明している。

「完全にトカゲの尻尾切り」

   堀江貴文氏は、ツイッター上などでしばらく沈黙を守っていたが、22日夕になって突然、口を開いた。

   事情説明を求めた星座百景の公式ツイッターに対しては、「サイト製作は私とは関係ないところで進められたのでどうにも回答しづらいんですが。。」と困惑した様子で返答した。「私がアイドルプロデュースを頼まれた団体が盗用をしていたという感じ」「私にも悪評が立つので、そんな盗用行為をするような事はしないでくれとクレーム入れました」という。

   堀江氏は、「私は管理監督する立場にはありません」とし、サイト盗用については、どうにもできなかったと説明した。ツイッター上で、責任転嫁だと批判されると、「俺もむしろ被害者なんだが。。こんなんに巻き込まれて」と反論した。

   星座百景の運営会社シンデレラアカデミーのプロデューサーは22日、J-CASTニュースの取材に対し、堀江氏のツイートについて、「そうでしょうね。運営責任者から謝っていただきましたので、法的措置など事を荒立てるつもりはありません」と答えた。ただ、責任を認めない堀江氏に対しては、「完全にトカゲの尻尾切りだと思います。その影響力を信じて入ってくる女の子もいるでしょうが、そんなスタンスではかわいそうだなと思います」とも話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中