コウメ太夫のリプ欄に「独自の文化」 本人に感想聞くと「複雑、チクショー!!」

印刷

   白塗りの芸者姿で「チクショー!」と叫ぶネタでブレークしたお笑いタレント・コウメ太夫さん(45)が、意外な形で再注目されている。きっかけは、コウメさんが2016年3月からほぼ毎日投稿している「ネタツイート」だ。

   ただ、注目を集めているのはコウメさんが披露する「ネタそのもの」ではない。むしろ、コウメさんの投稿に決まって反応する「常連ユーザー」の辛らつなツッコミが、ネット上で面白がられているのだ。こうした「珍現象」について、コウメさんはどう感じているのか。J-CASTニュースが本人に話を聞いた。

  • あのコウメ太夫さんが「再ブレーク」?
    あのコウメ太夫さんが「再ブレーク」?
  • リプライは「あまり見ていない」というが・・・
    リプライは「あまり見ていない」というが・・・

「再注目」の意外な理由

   コウメさんは2005年にお笑い番組「エンタの神様」(日本テレビ系)に初出演。三味線風の「チャンチャカチャンチャン~」という歌に合わせ、不幸な体験を面白おかしく語り、最後に「チクショー!」と叫ぶネタでブレークした。

   しかし、徐々にテレビで見かける機会は減り、気づけば「一発屋芸人」と呼ばれるようになった。さらに2009年には妻と離婚し、シングルファザーに。芸人として再ブレークを目指し活動を続ける一方、父親として子育てに追われる日々を過ごしてきた。

   そんなコウメさんに、いま再び注目が集まっている。16年3月2日から始めた「まいにちチクショー」と題したネタツイートが、フォロワーの反応を含めて意外な反響を呼んでいるのだ。

   いったい、どんな状況なのだろうか。17年5月18日にコウメさんがツイートした「フクロウが飛んでいると思ったら~、 私のおふくろでした~。 チクショー!!」というネタを例に見ると、投稿の「リプライ(返信)」欄には、次のような書き込みが寄せられている。

「シンプルにそんなに面白くないし、お母様にも失礼(略)コウメ・スピリットを確立し直して明日からではなく今日から切り替えてほしい」
「人間が空を飛べるなんてことは人類史上ないことなので科学的な根拠はあるんですか?」
「森進一さんが泣きます 小梅太夫さんもう少しあと少し頑張ってください」

「ツイートに色々評価してく文化面白すぎる」

   こうした反応を寄せているのは、ほとんどがコウメさんのネタに定期的に反応している「常連ユーザー」だ。

   コウメさんのネタの面白さを「採点」したり、ごく真面目にその状況を分析したり、はたまた「文学的な批評」を加えたり――。こうした具合に、コウメさんのネタを様々な形で「イジっている」のだ。

   ときには、コウメさんのネタをどう批評するかをめぐり、ユーザー同士で言い争いが起きる場合も。また、ツイッターのアンケート機能を使って、コウメさんが投稿したネタが「面白かったかどうか」を調査する常連ユーザーも現れている。

   このように、コウメさんの投稿を起点に繰り広げられるフォロワー同士の様々なやり取りがネット上でじわじわと話題を呼び、

「コウメ太夫のツイートに色々評価してく文化面白すぎる」
「コウメ太夫のリプ欄でいくつか独特の文化生まれてるの笑う」

などの反応がツイッター上で目立つようになっていた。

   では、コウメさん本人はこうしたフォロワー同士のやり取りについて、どう感じているのか。J-CASTニュースが5月23日、電話で本人に話を聞くと、

「正直、リプライはあまり読んでいないんですけど・・・。ネタ投稿を始めたばかりのころ、『お笑い辞めろ』という返信があったのがショックだったので(笑)。でも、皆さんに色々な形で楽しんでいただいているのであれば、それはありがたいことです」

と笑っていた。

「ツイッターもいいんですけど、やっぱり...」

   そもそも、コウメさんがツイッターで新作ネタを披露し始めたのは、「何とかして注目を集めたい、どうにかして一つの仕事に結び付けたい」という思いから。本来は16年3月1日からスタートする予定だったが、初日から投稿することを忘れてしまい、慌てて翌2日からツイートを始めたそうだ。

   「あまりリプライは読まない」というコウメさんだが、自らのネタを「採点」するユーザーがいることは知っていたという。こうしたネットユーザーの反応については、

「ちょっと『分かりづらい』ネタをやっているという自覚はあるので、皆さんが文句をつけたくなる気持ちは分かります。ときに皆さんの採点や批評でヘコむこともありますが、それだけ興味を持って貰っているという部分もあるので、僕も心臓を強くして頑張りたい」

と話す。そのほか、文学的な批評やアンケートの動きも出ていることについては、「色々な方向で楽しんで頂けるは嬉しいことです。皆さんと一緒に楽しんでいければと思います」としていた。

   現在は、主にパチンコ店や企業パーティでの営業をしているというコウメさん。今後の「展望」について聞くと、

「ツイッターもいいんですけど、やっぱりテレビに出たいですね。ツイッターがきっかけで、地上波でネタを披露できるようになったらいいなあ、と思っています(笑)」

とのことだった。

   取材の終わり、J-CASTニュース記者が「今回の現象についてネタにしてくれないか」と頼むと、コウメさんは「う~ん、難しいですね...」と唸りながらも快く承諾してくれた。そのネタは、次のようなものだった。

「自分だけのネタを呟いていこうと思っていたら~、フォロワーの方々がいつの間にか~、ネタを採点するようになりました~。複雑、チクショー!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中