ハリルホジッチの「秘密兵器」加藤恒平って誰? 過酷な東欧で得た能力とは

印刷

   「みなさんあまり知らないだろう加藤という選手を呼ぶ」と言いながら、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督はMF加藤恒平(27)のメンバー入りを発表した。

   「ほぼ1年かけて追跡していた」との言葉が示すように満を持しての招集だが、何者なのか。

  • 加藤恒平(画像は所属クラブ公式サイトから)
    加藤恒平(画像は所属クラブ公式サイトから)

「少し山口蛍に似ている」

   日本代表メンバー25人は2017年5月25日に発表された。6月7日の東京スタジアムでの練習試合・シリア戦の後、13日にPASスタジアム(イラン)でワールドカップ(W杯)アジア最終予選・イラク戦を行う。

   大きな注目を集めたのは中盤の加藤。16年6月からブルガリアのPFCベロエ・スタラ・ザゴラで主にボランチとしてプレーしている。ハリルホジッチ監督はこの約1年間に「現地で4試合見た。ビデオでも何試合か見た。もう一度言うが、現地で4回直接見た」と、自分の目で見て力量を測ったと強調した。

   特徴は「彼はボールを奪う人という役割だ。それにしっかり組み立てもできる」とし、「少し(MF山口)蛍に似ている。蛍よりはパワーがない感じだ。アグレッシブで、攻撃でも良いパスを出せる。守備の修正役も担える。予測力のレベルも高い」とボランチとしての適性を評価している。

   「すぐに(加藤を)プレーさせるというわけではない。お互いを理解するという時間が必要になる」とも話したが、3月の最終予選で負傷し、所属するガンバ大阪でも公式戦に復帰できていないMF今野泰幸について「どうなるかまだ分からない」とした上で、「もしかしたらこのような選手(加藤)が必要になるかもしれない。奪うところでアグレッシブさを持って戦える人間だ」と、今野の代役としての起用を示唆した。

   その加藤は、5月25日の「サッカーダイジェストweb」でサッカー解説のセルジオ越後氏も「加藤って誰?」と言うように存在自体ほとんど知られていない。キャリアの歩み方も多くの日本人プロサッカー選手とは異なる。

「ボールがゴロで転がらない」環境でプレー

   4月15日放送の「SPORTSウォッチャー」では、以前からハリルホジッチ監督が目を付けていた選手として加藤を特集した。和歌山県出身で、プロを目指すため中学進学とともに親元を離れてジェフ千葉のジュニアユースチームに加入した。だが、高校卒業までにJリーグからのオファーはなく、世代別代表に呼ばれたこともなかった。それでもプロ入りを諦めず、立命館大学に進学してサッカーを続けた。加藤と付き合いの長い友人は「みんなのリーダー的存在。居酒屋へ行っても酒は飲まずにソフトドリンクだけ。ストイックだった」とサッカーに捧げる生活ぶりを明かしている。在学中に単身アルゼンチンにも渡り、世界の厳しさを見た。

   卒業後の2012年にJ2のFC町田ゼルビアに正式加入し、1年間プレーした。町田は加藤のA代表招集を受け、クラブ公式サイトで「当時から運動量とハードなマークが持ち味で、ボランチや3バックのストッパーとしてプレーしていました」とその特徴をつづりながら祝福した。

   13年には東欧・モンテネグロ1部のFKルダル・プリェヴリャに移籍したが、欧州でのサッカー生活は過酷だった。17年1月16日付デイリースポーツによると「ボールの空気圧はチームによって違う」「観客は20~30人の日もある」「天然芝のピッチは少なくボールはゴロで転がらない」などの条件下で2季プレーした。ポーランドでの1年間を挟み、16年に現在のベロエに加入した。

   ブルガリアは大柄な選手が多く、前出「SPORTSウォッチャー」では頻繁にジムに通ったり、食事管理に気を配ったりして、当たり負けしないようフィジカル強化に努める様子が映された。加藤は自らを「特別足が速いわけでもクロスが上手いわけでもない」と評するが、所属クラブの監督は「献身的な選手だ」とボール奪取能力を認めている。

   今回の最終予選でハリルホジッチ監督は「イラク相手に良いサッカーができるグラウンドではないかもしれない」と試合会場のピッチコンディションを気にしているように、今回は「テクニック」を生かしきれない悪条件の中で試合をすることになると予想されている。加藤はこうした条件にも合致した選手と見られたのかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中