2019年 1月 16日 (水)

16年度ゼロ・オフ飲料市場 コーヒーや茶、トクホ商品が拡大

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   食品や化粧品・医薬品などの市場調査を行っているTPC マーケティングリサーチは、糖分やカロリーを控えた、いわゆるゼロ・オフ飲料についての市場調査を実施し2017年5月23日に、その結果を発表した。

    同市場は引き続き拡大していて、17年度も引き続き好調の見込み。

スポーツ・機能性飲料、炭酸飲料は減少

   発表によると、16年度のゼロ・オフ飲料市場は、金額ベースで前年度比 4.8%増の 9644 億5000 万円、数量ベースで 同4.5%増の 5億 2095 万ケースだった。

   種類別ではコーヒー飲料がブラック無糖や微糖商品が順調に推移し同5.6%増の4429億8000万円で最大。次いで茶系飲料が同9.6%増1805億1000万円だった。茶系は麦茶飲料が全体を牽引。17年度は、トクホの商品も売り上げの拡大に寄与し同4.1%増の1878億8000万円となるとみられる。

   以下は、スポーツ・機能性飲料1433億4000万円、炭酸飲料1051億9000万円などが続いた。

   スポーツ・機能性飲料は、甘さの強い商品が多いため、それを敬遠する消費者が他のカテゴリーに移っていることから苦戦。前年比2.7%減だった。炭酸飲料は同0.9%減。健康訴求が他のカテゴリーに比べ弱いことが減少の要因に挙げられるという。

    17 年度は、金額ベースで前年度比2.7%増の 9904 億 2000 万円、数量ベースで同 2.4%増の 5 億 3365万ケースとなる見込み。種類別では、前年に引き続きコーヒー飲料や茶系飲料、紅茶飲料が好調を維持するとみられる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中