G7、首脳宣言で「保護主義と闘う」 「パリ協定」は米国抜き

印刷

   イタリア・タオルミナで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)が2017年5月27日(現地時間)、閉幕した。

   首脳宣言では、毎年盛り込まれてきた「保護主義と闘う」という表現に、米国が難色を示したものの、最終的には明記が決まった。一方、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」については、米国を除く6カ国での再確認に留まるなど、「アメリカ・ファースト」を掲げる米トランプ政権をめぐり、足並みの乱れが露呈した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中