アパレル店員「声かけ不要」バッグに賛否 「これ助かる」vs「寂しい」

印刷

   買い物は自分のペースでしたいから、店員には「声をかけて欲しくない」――。そう考える客の要望に応えるため、セレクトショップの「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」が試験導入したサービスが話題を呼んでいる。

   それは、手に持つだけで「声かけ不要」の意思表示ができる店内用のショッピングバッグだ。このサービスを企画したアーバンリサーチの担当者は取材に対し、「個々のお客様のニーズを可視化することで、スタッフ側としてもより良い接客サービスを提供できる」と導入の狙いを語った。

  • これが「声かけ不要バッグ」(アーバンリサーチ提供)
    これが「声かけ不要バッグ」(アーバンリサーチ提供)
  • 店頭ではこのように設置される
    店頭ではこのように設置される

「URBAN RESEARCH Store」全店で試験導入

   今回の「声かけ不要バッグ」サービスは、2017年5月19日から「URBAN RESEARCH Store」全店などで試験的に導入された。バッグは売り場の入り口部分で配布され、店員はこれを持っている客には声かけを実施しない。もちろん、客の方から店員に声を掛けるのは自由だ。

   いったいなぜ、こうした一風変わったサービスを実施したのか。このバッグを考案したアーバンリサーチの担当者は5月29日のJ-CASTニュースの取材に対し、次のように話す。

「お客様へのアンケートで、『買い物中は放っておいてほしい』『店員に追いかけられているような気分になった』など、スタッフの声かけを嫌がる回答が目立ちました。そう考えるお客様のニーズに応えるため、一度試験的に導入してみようと考えました」

   また、試験導入をスタートした「URBAN RESEARCH Store」は大型店がほとんどで、店員よりも買い物客の方が「はるかに人数が多い」場合がほとんどだという。そのため、担当者は、

「お客様のニーズを可視化することで、店のスタッフも効率的にお客様にお声掛けすることができます。そういう意味では、声かけを望むお客様へのサービスを向上することにもつながります」

とも話していた。

   また、この担当者は、買い物客が接客スタイルを選べる今回のサービスについて、

「アパレル業界では、おそらく初の試みになると思います」

とも話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中