2019年 8月 23日 (金)

「猫アレルギー」でも猫を飼い続けたい 涙なしでは読めない努力と工夫の数々

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   猫が大好きなのに、猫アレルギーの症状に悩む人は意外に多い。家族同然に暮らしてきたのに、別れなければいけないのだろうか。

   医者から「アレルギーを治したければ、猫を手放しなさい」といわれ、慟哭する女性の投稿がネットユーザーの胸を打った。猫アレルギーの人が猫を飼い続ける方法はないのだろうか。

  • アレルギーでもニャンコを抱きたい!
    アレルギーでもニャンコを抱きたい!

医師から「猫を手放しなさい」と非情な宣告が

   猫好きの間で話題になったのが女性向けサイト「発言小町」(2017年5月24日付)に載った次の投稿だ(要約抜粋)。

「今年2月から花粉症皮膚炎になり、顔と首と手、足にも100個ずつ湿疹が出て治りません。病院でアレルゲン検査をすると、腕の湿疹は猫アレルギーと診断され、医師は『猫を手放すように』と。我が家には推定15歳から4歳までの猫が4匹います。みんな野良を拾いました。家をフローリングにして空気清浄器を買い、掃除機を小まめにかけています。猫アレルギーでも猫を飼っている方は、どうされていますか。ブラッシングはどうされていますか。猫フードを何がいいでしょうか。うちの子は怖がりで風呂場に近寄りません。無理やりでもシャンプーさせた方がいいですか」

   これに対して、猫アレルギーなのに猫を飼っている人から、共感と応援の声が相次いだ。それぞれ涙ぐましい工夫が書かれ、「猫を手放した方がいい」という声はほとんどなかった。

「私もアレルギーテストでは猫のフケ(猫皮屑)は針が振り切れます。幼少期から猫に触れると水ぶくれ、くしゃみ、鼻水、体中が痒くなり、よもや自分が拾った猫を飼うとは思っていませんでした。老猫なので譲渡先が見つからなかったのです。ほかに温度差アレルギーがあり、30年間薬を服用しています。たぶんそれが効いているのでしょう。薬を飲み忘れると、お岩さんみたいに顔が腫れて大変なことに。工夫は、猫のブラッシングです。その際、換気に気をつけ、空気清浄機を回す。家族に掃除機を近くで使ってもらい、毛がすぐ掃除機に入るようにします」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中