取手市中3いじめ自殺 議決撤回、教育長が両親に謝罪

印刷
 

   茨城県取手市で2015年11月、中学3年生の中島菜保子さん(当時15)が「いじめられたくない」と書き残して自殺した問題で、取手市教育委員会の矢作進教育長は2017年5月31日夜、両親のもとを訪れて直接謝罪した。  

   市教委は2016年3月、いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に該当しないと議決していたが、17年5月30日に撤回。第三者委員会や調査の見直しを検討すると明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中