2019年 1月 16日 (水)

愛犬の散歩の健康チェックアプリ 飼い主も一緒に消費カロリー測る

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ベネッセグループが出版する愛犬誌「いぬのきもち」編集部と、玩具メーカーのタカラトミーは2017年6月1日、犬の健康管理を目的とした犬専用のウェアラブルデバイスを共同開発、2017年秋から発売すると発表した。

   商品名は「いぬのきもちお散歩Time」。首輪に装着した状態で散歩を行い、専用のスマートフォンアプリと連動させ、散歩中の活動量などを測ることができる。

  • 「いぬのきもちお散歩Time」(ベネッセの発表資料より)
    「いぬのきもちお散歩Time」(ベネッセの発表資料より)

犬種・体型・年齢ごとの最適な活動量を指導

   ベネッセホールディングスの発表資料によると、「いぬのきもちお散歩Time」のアプリ内には、タカラトミーが収集した1万頭以上の飼い犬データが入っている。専門家の監修のもと算出された犬種や年齢、体型ごとの最適な活動量が記録されており、愛犬の健康維持に最適の活動量と、そのために必要な散歩時間の目安がわかる。実際に散歩すると、本体内蔵のセンサーによって犬の歩き方を「きょろきょろ歩き」「歩行」「はや足」「駆け足」の4種類に識別し、活動量を算出する仕組みだ。

   また、散歩後には飼い主の消費カロリーを算出することもでき、楽しみながら愛犬と自分の健康管理を行なえる。さらに、玩具会社のタカラトミーらしく、アプリ内には犬のアバターの着せ替えや冒険ゲームなども入っており、毎日の散歩がより楽しくなるよう工夫されている。値段はメーカー希望価格で1万2000円(税抜き)の予定だ。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中