2019年 1月 22日 (火)

熱中症の救急搬送、1週間で1000人超
昨年の同時期の2倍 消防庁まとめ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   5月29日から6月4日までの1週間に熱中症で救急搬送された人が、全国で1000人超いたことが2017年6月6日、総務省消防庁が発表した速報値で分かった。

   昨年の同時期と比べて約2倍の搬送者数で、季節はずれの猛暑が続いたためとみられる。都道府県別では東京が最も多かった。

   消防庁の発表資料によると、この1週間の搬送者数は前の週より46%増の1086人。昨年の同時期560人の1.94倍だ。都道府県別では、東京が101人で最多。続いて埼玉(85人)、愛知(61人)、福岡(55人)、神奈川・大阪(51人)、千葉(48人)、兵庫(40人)、京都(35人)、福島(34人)、岡山(33人)、茨城・群馬・静岡(26人)などの順だった。

   年齢別では、65歳以上の高齢者が537人で最も多く、全搬送者の半数近くを占めている。また、発症場所では住居が31.0%と一番多く、屋外・道路を合わせた28.5%よりも多かった。同庁では、家の中でも小まめに水分をとり、エアコンをつけて温度をチェックするよう呼びかけている。

  • 熱中症予防に小まめに水分を
    熱中症予防に小まめに水分を
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中