2018年 11月 16日 (金)

熱中症の救急搬送、1週間で1000人超
昨年の同時期の2倍 消防庁まとめ

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   5月29日から6月4日までの1週間に熱中症で救急搬送された人が、全国で1000人超いたことが2017年6月6日、総務省消防庁が発表した速報値で分かった。

   昨年の同時期と比べて約2倍の搬送者数で、季節はずれの猛暑が続いたためとみられる。都道府県別では東京が最も多かった。

   消防庁の発表資料によると、この1週間の搬送者数は前の週より46%増の1086人。昨年の同時期560人の1.94倍だ。都道府県別では、東京が101人で最多。続いて埼玉(85人)、愛知(61人)、福岡(55人)、神奈川・大阪(51人)、千葉(48人)、兵庫(40人)、京都(35人)、福島(34人)、岡山(33人)、茨城・群馬・静岡(26人)などの順だった。

   年齢別では、65歳以上の高齢者が537人で最も多く、全搬送者の半数近くを占めている。また、発症場所では住居が31.0%と一番多く、屋外・道路を合わせた28.5%よりも多かった。同庁では、家の中でも小まめに水分をとり、エアコンをつけて温度をチェックするよう呼びかけている。

  • 熱中症予防に小まめに水分を
    熱中症予防に小まめに水分を
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中