2018年 9月 20日 (木)

巨人、13失点で敗れる 球団史上初の13連敗

印刷

   プロ野球の巨人は2017年6月8日、メットライフドームで西武との交流戦第3戦に2‐13と大差で敗れ、球団史上初の13連敗を喫した。先発の新人・池田駿投手(24)は3回、四死球と連打でピンチを広げると、外崎修汰内野手(24)に満塁弾を浴び、3回途中7失点で降板した。4年ぶりに坂本勇人内野手(28)を2番に置いた打線も、相手の先発・十亀剣(29)を攻略できず、7安打2得点に抑えられた。

   これでチームの借金は10となり、首位・広島とのゲーム差は12.5に広がった。最短で11日にも自力優勝の可能性が消滅する。9日からは、札幌ドームで5連敗中の日本ハムとの3連戦が待ち受ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中