東京五輪の新種目 柔道混合団体や卓球混合複など確定

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は2017年6月9日、スイスのローザンヌで臨時理事会を開き、2020年に開催される東京五輪の新種目について競技団体からの提案を元に話合われた。新種目には女性の参加が重視され、「柔道混合団体」や「卓球混合ダブルス」に加え、バスケットボールの1チーム3人で争う「3×3」などが決まった。

   男女混合の種目はリオデジャネイロ大会の2倍となる18種目に増え、IOCのマコネル競技部長は「若者、都会にフォーカスした種目が入り、男女平等に向けても大きな一歩だ」と強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中