ASKA長文ブログ「まるで近未来小説」 現実なのか、ハッキング集団との攻防戦

印刷

   サイバー攻撃の被害を繰り返し訴えている歌手のASKAさん(59)が、4000字を超える長文ブログを投稿し、ハッキング集団と繰り広げた「頭脳戦」の模様を臨場感たっぷりの文体で書き記し、ネットの一部で話題になっている。

   ブログに綴られているのは、長期間にわたり盗聴・盗撮を続けて来たハッキング集団に、ASKAさんが「反撃」を加えるまでの一部始終だ。まるで近未来SF小説のような手に汗握る展開のブログに、インターネット上では「面白くて読みふけってしまった」といった感想が出ている。

  • ASKAさんのCDアルバム「Too many people」(DADAレーベル)
    ASKAさんのCDアルバム「Too many people」(DADAレーベル)

発見したログファイルには衝撃的な内容が...

   ASKAさんは2017年6月6日、『さぁて!!』と題したブログ記事を投稿。「自分のパソコンでありながら、他人に乗っ取られ、裏から操作されている」と切り出し、自身のサイバー攻撃被害の詳細と、それに対抗していく過程を詳細に綴っている。

   全4278字に及ぶブログをまとめると、次のような内容となる。

   ASKAさんは5月の終わり頃からハッキング集団の「ログ」を収集していた。その過程で気付いたのは、犯人がASKAさんのパソコン内のデータを改ざんし、証拠を隠ぺいしていたという事実だった。

   そこでASKAさんは6月2日未明、確かな証拠ログを得るため、パソコン内の「通常では踏み込まない」場所へ足を踏み入れた。ここで発見したログファイルを、試行錯誤の上で開封すると、そこには「世界がひっくり返る」ほどの衝撃的な内容が残っていた。

   だがその後、保存したファイルがハッキング集団の手で削除され、さらにASKAさんのパソコンはなぜか起動しない状態に――。まさに絶体絶命の状況に追い詰められたことを報告するASKAさんだが、ブログの終盤部分で、

「ここまでを見ると、結果、彼たちの勝利と映りますが、こんなことを10年以上されて来ているのです。少しは、学習しています。データは、もうひとつ別に保管してあります」

と「タネ明かし」。続く文章でASKAさんは、次のようなメッセージをハッキング集団に送っている。

「いやぁ、苦しませられたもんだ。君たちの背景となった、今や国を動かしている◯◯は、おそらくここで君たちと手を切る。気がつきなよ。大逆転をされてしまったのは、君たちなんだよ」(○○も含め、原文ママ)

謎の暗号も公開

   さらにASKAさんは、ハッキング集団との苦闘の末入手したログファイルについて「これを公開するかどうか、実は迷っているんだよ」と切り出し、

「余りにも、事が大きすぎる。死人が出る事ぐらいの想像は、容易についてしまうからね」

と示唆。ブログの末尾では「ここで収まるか、それとも世界中を駆け巡るニュースになるか...」と意味深な言葉を記した上で、

「f7451458296375」

という謎の暗号を公開している。

   こうしたASKAさんの長文ブログが、どこまで現実を反映したものなのかは定かでない。しかし、一気に読ませる内容であることは間違いなく、ツイッターやネット掲示板には、

「まるでサイバーパンク小説」
「面白くて読みふけってしまった」
「この人の文章、読ませるんだよなあ」

といった感想が出ている。

   また、ASKAさんが公開した「f7451458296375」という暗号の意味を推測する動きも出ており、そうしたユーザーの間では、

「これは、ASKAさんと集団を繋ぐキーワード」
「wi-fiの暗号キーかなんかだろ」 

といった意見が交わされている。

   ただ一方で、ASAKAさんが2016年11月に覚醒剤使用の疑いで逮捕され、その後、不起訴処分で釈放された経緯もあり、ブログの内容について「身体心配になる」と、ASKAさんの体調を危惧する声も上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中